So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

300325/金沢八景・荒川屋/シロギス40尾(1本竿) [シロギス釣行記]

3月25日(日):金沢八景・荒川屋
小潮:満潮9:07→干潮17:33、潮色:薄濁り、水温12.5℃
天候:晴れ、風:北東2m~南5m
釣座:右ミヨシ、乗船者:午前15人/午後10人
釣果:シロギス16~24.5cm、40尾(午前22/午後18)(1本竿)

 中ノ瀬も模様が良いんだか悪いんだか今一判断できない金曜日まででした。そこで今日は近場の小柴周辺を今後のためにじっくりと探索モードでした。厳しい中にも近場でもこのぐらい釣れたことで春への移行の動きがが感じられたので良しとしておきましょう。このぐらいといっても釣るには全力集中ですので、まだビギナーさんには相当厳しいでしょう。結果論ですが、行かなかった中ノ瀬は上昇気配濃厚で釣果がまとまっていました。


「午前」

 1本竿胴突き1本針で1日やりました。ベタ凪で1投目からアタリでて釣れました。間もなく2尾目も釣れました。潮っ気はほぼないですが意外に活性はあるかな?左に微妙にずれつつトモへ船3隻分ぐらい動く程度なので、ミヨシ側は流し始めは釣れても場がこすれると次第にアタリもでないようになります。そんな流しを数回繰り返していくと、左舷はバタバタと連発ありでも右舷はアタリもでないとか、筋をずれして流しかえると逆に右舷だけ釣れたり、とにかく場が狭いという釣れ方でした。上潮残りから潮止まりの約1時間で10尾釣れました。意外に良いアタリ方であっさり掛かる魚もいて活性の幅がありました。

 潮止まり以降はかなり渋い食い主体になって忍耐の拾い釣りでしたが、終盤に下潮かかりになって右ズレのトモ下がりになって4連発がありました。竿先にわずかに重みが乗ってくるような感触をゆっくり聞くとアタリになるような食い方が多かったです。20尾直前から左ミヨシのMちゃんと1尾ずつ積み上げる痺れるデッドヒートの展開でした。(笑)結果はMちゃん21尾、私が22尾でした。

 トモ側の親子対決は左の息子が28尾で父が26尾でした。僅かでもトモに下がっていくので狭いながらも流す範囲の芯の場所を先に釣る効果ありあり?上がってから型をみたら露骨に23cm前後のサイズが多く混じってボリューム負けしてました。船中最大の24.5cmはゲットしましたが。数もミヨシ側で釣れるだけは釣っていても当然のようにトモ側に追いつけませんでした。


「午後」

 午前の終盤に下潮時間帯で活性低下してしまった状況はどうなるのか?下潮で期待できる場所をじっくり流していきました。南風で超微速前進ぐらいのツッコミですが忘れたころにポツリの拾い釣りでした。

 午前の序盤にやった上潮で期待できる場所でやってみると、同じようなピンポイントで食いはしぶいながらちょっとましかな?どうかすると3,4連発がありましたがツ抜けしたぐらで今日は売り切れ気味でした。

 また場所をかえて忍耐の拾い釣りが続きました。最後の場所で3連発があり20を目指しましたが18でタイムアップとなりました。Mちゃん15でした。

 
釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

300318/金沢八景・荒川屋/シロギス33尾(1本竿) [シロギス釣行記]

3月18日(日):金沢八景・荒川屋
大潮:満潮5:19→干潮11:34、潮色:薄濁り、水温13.0℃
天候:晴れ、風:北3m~南南東10m
釣座:右トモ、乗船者:午前8人/午後4人
釣果:シロギス17~23cm、33尾(午前11/午後22)(1本竿)

 現在の状況としては基本的に渋くてアタリは少ない。アタリといっても居食い系が多いので聞いていかないとアタリもでない。流し込んで良い場所に遭遇する要素、潮時(今は上潮が良いみたい)の要素、この二つが特に重要です。あとは凪も必要です。

「午前」

 予報では南の風が早めに吹いてくるようなことでしたが、朝のうちは北~北東の微風でべた凪でした。超微妙なアタリも全部感知できそうな「凪よーし」なのでしたが。1本竿胴突き1本針のみで1日やりました。

 1流し目で流し込むこと15分(前日に一番気配が良かった場所ということでしょう)、やっとアタリを感知して1尾ゲットしました。集中してじっくり探っているとここで3連発したので、ようやく良い場所に乗ったのか?ちょっと空いて4尾めを釣ったのが8:30ごろでした。その後続きがなく流し替えてとなりました。同じような筋、山で流し込んでいきますがなんとその後1時間以上はパックンチョしか釣れず。その間に出会い頭的な掛けられないシロギスのアタリが1回あっただけで空白が続いたのでした。パックンチョだけはは午前中通して掛からないような弱いアタリ含みで食い活発でした。ということは底潮が流れていないんでしょうね。

 終盤にまたパラパラっと釣れて、5尾からの忍耐の積み上げでどうかすると2連発があってやっとツ抜けしました。シロギスのアタリもほとんどが竿先にでないような居食い中心だったので、聞き上げで感知していくような状況でした。誘いのパターンで反応してこないし、凪なので投げて広範囲を探って少しでも口を使う魚に出会えるようにやりました。


「午後」

 午後もほぼ同じような場所でした。風は南東ぐらいに回ってましたがまだ凪、しかし始めは潮が流れずイシモチがカツカツとあたったってきたりする中にシロギスがポチポチぐらいでした。午前に活発だったパックンチョは気にならない程度でしたから、上潮に変わったので少し期待は持てるかな?停泊船で山を見てると釣れる芯の範囲は船の流れる距離で50,60mぐらいかな?その先は流し込んでもそうとうしっかり探ってやっとポツッ、間違って2連発そんな釣れ方でした。

 14時前後から南風10m級で波だってきましたが潮は流れてきました。そうなると投げてるとアタリ感知と糸ふけで掛かり難いので船下主体の釣りにして、流しかえでピンポイントに乗ると4,5連発で取れるようになりました。アタリも止めてる状態で竿先に弱く出るような食いの魚もいました。流しかえてまた5連発があったのでようやくダブルツ抜けできたのでした。

 凪のままでやれてたら、ピンポイントをおっかけて上乗せ+掛けバレが減るので30尾ぐらいまでの状況だったと思います。

 だんだんと春めいてきたのでまた頑張りましょう。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

300304/金沢八景・荒川屋/シロギス激渋で貴重な7尾(1本竿) [シロギス釣行記]

3月4日(日):金沢八景・荒川屋
大潮:満潮6:26→干潮12:34、潮色:薄濁り、水温12.4℃
天候:晴れ、風:北東3m~南南西15m
釣座:右トモ、乗船者:午前11人/午後5人
釣果:シロギス15~23cm、7尾(午前6/午後1)(1本竿)

 行くタイミングが合わずに今年初の荒川屋での釣りとなりました。なんだか、春一番の雨と大風シケも手伝ってか?前日の釣果と状況を全体的に判断すると激渋に突入したようです。潮色も雨水系のよろしくない濁りが入っていましたし、大潮の速潮も重なり、さらに南風も早めに吹き込んできて何重苦なのか?記憶にないくらいの逆Xデーにぶち当たり撃沈7尾、たったの7尾でございました。

「午前の部」

 1本竿胴突き1本針でやりました。本命場所の中ノ瀬で朝のうちはまだ北っ気の風で凪でした。朝一の流し1投目から数回聞く過程でアタリがでてゲット、2投目はアタリでて掛からず、その後アタリなし。2流しめ1投目ゲット、何投か入れ替えてアタリだけ、アタリか?判別できないぐらいの超微妙な変化もあり。3流しめ1投目はゲット、アタリだけ1回、そんな感じで1投目は釣れる。潮が速いので流す時間は短めだけどけっこうな距離を流れてます。4流しめ何投かしてゲット、巻きバレ1回、アタリ1回とか。5流しめで1尾釣って計5尾になりました。右舷6に人で釣ったの私だけ。左舷5人でトモの親子は1尾ずつ釣ったの見たけど、そう簡単に釣れてはくれない。そのうち南風10m級になってしまいお客さん達はかなり釣り難いし結果もでないので中ノ瀬を1時間20分ほどで撤収しました。そのまま午前の定時までやってればツ抜け~15ぐらかも?

 移動先はイシモチも混じるというよりも本命的な南本牧周辺でした。しかし、期待のイシモチもたいして食わずなのでした。ここも風があたるし潮色もよくなかったです。ここで1時間20分ほど浮かんで奇跡的に?シロギスを1尾追加して午前は終了してきました。


「午後の部」

 風がさらに強くなってしまいました。午後からのお客さんがきたのでお付き合いして、上潮で好転?など期待できそうにもない状況でしたがまあしゃない。(笑)

 小柴沖の浅めを2か所入れてイシモチ1尾のみ。

 次は南本牧の午前にシロギス1尾釣れた周辺で、また奇跡的にシロギス1尾釣れました。あとはイシモチがポツリぐらいでした。

 風が15mぐらいになってしまったので、横須賀方面赤灯周辺のイシモチ場に南下しました。波はいくぶん引くけど風はあたってます。でも魚は何にもあたってきませんでした。さらに野島防波堤の沖側の落ちギス場でもじっくり流しましたが生体反応なし、異常なしで終了でした。

 

「見通し」

 春の潮に入れ替わりつつあるのでしょう。そういう時期に激渋もあってしかるべきですが、春一番、週明けに春二番とシケもあったのでしばらくは厳しいでしょう。凪ならマ二アにとっては悶絶的に貴重なシロギスを1尾ずつ釣る程度に楽しめる?かもしれません。でもま、陽気が安定してきて本格的な春シーズンに期待しましょう。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 

300224/金沢漁港・進丸/シロギス27尾「1本竿」 [シロギス釣行記]

2月24日(土):金沢漁港・進丸
小潮:満潮9:56→干潮19:04、潮色:薄濁り、水温:11.0℃
天候:晴れ、風:北2,3m~南東4,5m
釣座:左ミヨシ2番(乗船者:24人)
釣果:シロギス14~22cm 27尾

 前週に続き夕方に用事があるときに便利なショート船(7:30出船~13:00沖あがり)で行ってきました。そして前週と同じような釣れ方の展開で同数不思議な結果でした。(笑)

 今日は胴突き1本針でした。朝の一流しはまずまずアタリの数があり(アタリは聞きにいって微弱にカスッと程度ですが)、開始1時間ちょっとでツ抜けしました。上潮がトローリぐらいあり突っ込み(やや右舷)の潮先でしたから、投げてゼロテンションで止めてゆっくり聞きだすとカスッとくるのが多かったです。同じような筋を流しかえると潮がなくなってくるとともに右舷ヨコタに動く傾向となり、最初のパターンでのアタリが激減していき時速4,5尾ぐらいとなってしましました。右舷に入る分だけ右前はまだアタリ連発シーンが一時ありましたが、左舷は静かになってしまいました。潮止まりにかけてはハリスを40cmから30cmに詰めてみたり、シャエイ系の誘いを強めに入れてみたり、マイナステンション長め待ちとか、その他いろいろ試しまたがさらに時速ダウンとなってお手上げでした。下潮待ちで好転してくれれば。

 11時過ぎぐらいからようやく下潮っけとなり、風も南東に向いたので右前が潮先ではあるけど左前もなんとかできそうかなという思いで頑張りました。潮止まり時は静かめでも誘いめでも効果がなかったのですが、物足りない下潮だけどアタリは多少増えてきましたが朝のうちよりぐっと針掛かりが悪いのでした。そんなこんなでお昼過ぎでなんとか20尾まで到達しました。その後にパラパラっと3連発などがあり12:35で26尾となり勢いがでてきたかな?30尾が見えましたというか目標にしました。ところが27尾になってから13時の終了まで15分ほどは釣れないまま終了となってしまいました。

 2、3番手は右前寄りで24尾、23尾でした。前回も序盤はまずまずだけどその程度の食いでも続きがないということで数は伸び悩みでした。まあ、そのうち意外に伸びちゃう日に当たるかな?(笑)


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)