So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

300721/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス163尾(1本竿天秤2本針) [シロギス釣行記]

7月21日(土):葛西橋・荒川屋釣船店
小潮:干潮5:39→満潮12:03、潮色:澄み、水温:27.5℃
天候:晴れ、風:南西、8~12m
釣座:右トモ(乗船者:12人)
釣果:シロギス12~24cm、163尾(1本竿天秤2本針)

 東側、盤洲周辺の超浅場は不安定ながらもトップシーズンですから、連日の猛暑で海が煮え切って浅場解散になる前に様子見にいってきました。スカッとバリバリ釣れるのが理想ですが、この日の盤洲は潮が澄んでしまって平均的に低活性の魚を丁寧にコツコツと貯めていく展開でした。風が強まった終盤に移動した木更津の浅場は潮に濁りがさしていてそれらしい活性がある魚が多めでした。

 盤洲のアクアライン南側の超浅場から始めました。天秤、振分け25/60cmの2本針、ハリス1号、針キススペシャル8号。船長からの前日情報ではサイズも食いもそれなりに期待十分なのでモーニングサービス期待のスタートでした。南西風ややあり、左舷が千葉県側を向いてのトモ流しです。

 1投目は水深確認の意味もあって深くなっているはずの横方向(沖側)へ投入して、船に近づき浅くなるまでのどこかでアタリがでるだろうとの想定でしたがアタリはありませんでした。2投目は後方斜め横気味に投入してやや速めに探りましがやはりアタリなしでした。3投目はほぼ後ろに投入して、抱え込みのラインテンションキープぐらいで、仕掛けはあまり誘いこみすぎないようにしているとアタリがでて16cmをゲットしました。その後数投して投げる方向で水深を把握して、アタリ方釣れ方でおおよそのパターンが把握できました。船の動いていくラインが3m前後でアタリあり、横(沖側)に遠投すると想定で7,8m前後でアタリなし、水深的には3~5m前後でアタリがあるので、後方斜めに遠投してじっくり気味に探るという結論になりました。

 アタリは頻発ではなく流し込んでいくとどこかしらでたまにパラパラっと数連発が断続的にあるようなふっきれない状況とでもいましょうか。超浅場特有の引ったくり系のアタリはほぼ無しでモソッさわるような小さいアタリとプルプルッとまあ明確程度のアタリが半々ぐらい、食い込みもイマイチで時たま掛かりません。そんなわけで、エサ付けは頭をカットしたほうがトータルでは確実な針掛かりにつながるでしょう。誘いは底トレースのslow go & stop、stop時もラインテンションキープの調節で通常の浅場、超浅場より間を長め、本来ならもっとテンポアップで誘って動かすのですが、キーワードは「我慢」をアタリをだせる間を意識してやっていました。そんな状況で約1時間の大流しで流れて行って28尾でした。一瞬ですが22cmと24cmのダブル、20cm以上のみが数連発がありましたが、今日の平均サイズは15~17cmってところでしょう。

 魚は確実にいるけど食い気的にはまだスイッチが入っていないというとこです。その後も同じような筋をじっくりとジタバタせずに大流しで回りながらコツコツと積み上げの展開でした。結果的に好転はしなかったということすが、時速25尾前後をキープできていました。むしろ周辺にいた4,5隻はジタバタとして?辛抱できずに南下していったぐらいの食いの中で、コツコツパターンに合わせて釣果をまとめていったのでした。序盤まで潮はやや速めぐらい、中盤で適度になって、11時ぐらいでまったりややかったるくなりました。まったりになってから少しですがリアクションバイトが効く時間帯がありました。4時間ちょっとで1束に到達しました。潮止まりとなり11:45までに115尾になりました。

 昼前からは南西風が平均10m以上になって波もやや高くなってきてやや釣り難いのでした。食いも落ち気味となったので、気分転換的にかな?終盤は南下して木更津沖の浅場に入りました。おっと、ここは潮色が明らかに違って茶色っぽく薄濁りの夏の浅場に適した色でした。1投目から良いアタリで20cmが釣れました。その後、7,8連発して、1発で場所ドンピシャで大中小混じりでアタリっぷりはすこぶる良く、浅場特有の引ったくり系も目立つ状況でした。こうなると、浅場なので手返し全開で数は急加速できます。場所はやや狭いようでアタリがなくなったら流しかえて、結果的には1時間ちょっとで48尾追加して163尾で13時終了となりました。今日はポツポツコツコツ系モードと浅場らしいプチ入れ食いモードを両方楽しめました。


 トップシーズンで魚は浅場に十分いますが、今期は南西風が続きすぎるぐらい続いて、沖の澄んだ潮が影響しているのか?なかなか夏場の赤茶系濁りにならないのが安定しない一因らしいです。だから、やや深めのほうが平均的に安定度が高いため、浅場でダメだと保険のやや深めに皆さん移動していく。ということで潮色の条件次第かな?


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。