So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

300707/金田漁港・達丸/シロギス36尾(1本竿) [シロギス釣行記]

7月7日(土):金田漁港・達丸
小潮:干潮5:34→満潮11:09、潮色:澄、水温:22.5℃
天候:曇り一時晴れ、風:南西5~10m
釣座:乗船者:4人(右舷トモ)
釣果:シロギス12~22cm、36尾(1本竿) 
   マゴチ1本(48cm)

 今期2回目の練り船に行ってきました。2週間前に80尾釣れたので最盛期の好転を期待して楽しみにしていましたが、なんとその後2週間もロングにほぼシケ~大シケ模様続きで水温も下がるし底荒れもあるでしょう。直前の竿頭で30尾と状況は悪いほうへ向いてしまいました。今期の魚影はいまいちなのでシケ続きの後では仕方ないでしょう。
 シロギスは朝のうちの上潮時間帯に多少は活性があったといえばあったのですが、潮止まり~下潮時間帯は活性低く大苦戦の展開でした。裏本命マゴチも朝うちの初アタリでしぶとくゲットできただけで、その後はアタリがありませんでした。


 柔らかめの和竿にタングステン錘(1オンス=7.5号)の自作天秤、仕掛けはハリス1号振分け2本針20/50cm、針はキススペシャル7号で1日通してやりました。エサはジャリメです。

 達丸さん定番的な場所周辺の水深6m前後で8時頃に開始しました。2投目にアタリがでて22cmとまずまずサイズから釣れました。通常通りのトモ流しなので後方に投げて潮先から丹念に探ると所々でポツリとアタリがあり2,3連発をまじえて、なんとか拾って行けるかなという展開でした。その連発がもっと伸びることを期待しながら流しこんで浅いほうへ来るとアタリは遠のくのでした。沖目の少し根のある縁がややいいのかな?その辺をあてこんで流しかえて、良い時は5連発ぐらいありましたが好転まではいかずに忍耐系でしたね。

 9:30ぐらいにマゴチ狙いの置竿が海面におじぎをしてさらにラインが斜めになり竿先グイグイで竿を手にして合わせるとバッチリとフッキングしました。無事ゲットして早々とミッションコンプリートでした。こういうのをきっかけにシロギスも食いだしてくれればねぇ。

 お昼前にはシロギスも型をみるのがやっとぐらいの状況になってしましました。ここまで25尾でした。

 風もやや強くなり海面に多少の白波がでてきたので、港近くの波立たない場所へ戻り下潮期待で仕切り直ししました。水深は7m前後でした。1投目に右舷2人でわりとすぐに釣れました。だけどやっぱり続きがないのでした。船を流し気味にして場を広く流しても忘れた頃に単発で拾うのがやっと、周辺で場所を何度かかえても状況変わらずでした。15時近くなった最後の流しで多少魚のいる場所に流れて、ダブルが1回あって数尾追加して15時過ぎに終了となりました。

 また来年に期待しましょう。来年も行くはず。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。