So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

練り船、浅場用の天秤 [道具と仕掛け]

7月7日に再び下浦の練り船に行ってきます。以前から考えていた天秤の創作意欲が湧いてきたというか?(笑)

ブラックバス系で使うタングステンシンカーの1オンス(28g)を使ってみました。号数だと約7.5号です。今までは普通に鉛の8号(30g)を使っていたので大体の重さは合っています。鉛の比重11.3g/cm3に対してタングステンの比重19.3g/cm3ですから、28gの体積は鉛が約2.45cm3に対してタングステンが1.45cm3であり、60%の体積となります。親指の先ぐらいの大きさ(ちっさい)です。ということは抵抗が少ないのでアタリの感度がさらによくなるのか?実感できるのかな?

2018063022540000.jpg

ステンレス0.8mm、アーム11cm、海底でアームが立つようにしています。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。