So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019 0413/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス48尾(1本竿) [シロギス釣行記]

4月13日(土):葛西橋・荒川屋釣船店
小潮:満潮8:51→干潮17:30、潮色:澄、水温:14.0℃
天候:晴れ、風:北8~2m
釣座:左前(乗船者:2人)
釣果:シロギス13~22cm、48尾(1本竿)

 中ノ瀬の上手周辺、前回ポツポツと釣れた場所が不発でした。そのうえ先週はそれほど気にならなかった赤クラゲがいっきに湧いてきてしまいました。あてが外れて探索してやっと型をみても赤クラゲだらけで後続なし。大きく場所返してポツポツある場所でじっくりやって、その周辺をまた探索するもたいしことはなく、またもどって終了まで粘りました。

 赤クラゲ対策としては胴突き1本針、シンプルな仕掛けがたとえ赤クラゲが付いても一番手間なく取り除けるでしょう。

 続きはのとほど。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

超珍しい!良型アイナメ [釣り雑感]

2019040615570000.jpg

 前回の釣行で釣れた貴重な良型アイナメです。寸止め39cmでしたがマルマル太ったメタボな魚体でした。

 中ノ瀬の上手の根っこらしい根っこも感じない場所で、しかも近年めっきり減ってしまったアイナメだけにビックリしました。釣りにはこんなハプニングもありますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0406/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス71尾(1本竿) [シロギス釣行記]

4月6日(土):葛西橋・荒川屋釣船店
大潮:満潮5:31→干潮11:47、潮色:澄、水温:13.0℃
天候:晴れ、風:北東~南東3~2m
釣座:右ミヨシ(乗船者:7人)
釣果:シロギス13~23cm、71尾(1本竿)

 中ノ瀬の上手周辺で粘ってコツコツと積み上げることができて71尾でした。全体傾向としては下潮は序盤は速く二枚潮で次第に落ち着きながら流れてるけど、そのわりには昨日の南西強風の影響なのかシロギスは渋渋な感じでした。下潮止まり前後はかなりアタリが減って、終盤の上潮で気持ち程度渋いなりに上向いた感じでした。


 4月になり潮も大きいので最初は天秤でやってみました。序盤まで潮は速めで二枚潮気味でした。すんなりとはアタリがでない感じの3投目ですぐっている時だったかな?聞きにいったところで弱めにアタリがでてそのまま聞きアワセで16cmをゲットしました。その後数投していろんなパターンで探るも出会い頭的で乗らないアタリが1回、長めにステイしている時にプルッが1回いずれも掛かりませんでした。潮ケツポジションで流し続けている中で20分ぐらいやったところで見切りをつけて胴突き仕掛けにかえました。

 まずは2本針から、すると1投目の止めからスローな聞き上げでほんとうにあっさりとアタリがでて2尾目をゲットできました。たまたま良い場所を通過だったかもしれませんがその後もポツポツと4,5尾はすぐに釣れました。天秤との違いとして痛感するのはやはり胴突きでさえアタリ強度がかなり弱いこと、つまり低活性の居食い系がほとんどだということです。この微弱さで天秤にアタリをだすわけないといった感じですし、天秤の抵抗は魚に与えないほうが釣れるはずだと思います。

 停泊船を目当てに釣れ筋も把握できたので潮まわりしながらポツポツの拾い釣りモードながらまずまずでしょう。2枚潮っぽいので誘いの聞きと再着底を何度も繰り返していると海中のラインが直線的な状態から曲線的になり、大きく聞いて再着底させても錘が鈍く着底するようになります。聞いた幅より竿を送らなくてもモワっとすぐに着底(=ラインの弛みが少し戻る程度で有効な聞きになっていない)してしまうそんな状態になりやすいです。であれば回収して投入し直したほうがベターでしょう。2本針の上針を下げる意識でマイナステンションにしすぎるのもラインを曲線的にすることだし、実際に上針にあまり掛からないので1本針にかえてその後はやりました。

 少しパターン的に良さげだったのは遠投してラインを寝かせた状態から横気味に初動はゆっくり~ストロークは大きく聞きくパターンでした。渋いなりに多少はリアクション的にアタリになるような感じでした。

 11時前後ぐらいからしばらくは潮止まりでアタリが激減してましました。そんな合間にまた天秤を試してみたら2尾釣れましたけど、天秤が決定打ではありません。

 再び胴突き1本針にして、12時過ぎから少し上潮で船が前にでるようになりました。じっくり止めている時に下潮時よりもアタリを出す魚がやや増えてきたたようでした。潮先になっていることもあるかもしれませんが下潮時よりアタリもややはっきりだすような傾向でもありました。このまま潮先で上手く釣り切れるかと思った間もなく、風が回って再び潮ケツになり次第に上潮も速めになりました。しかし、流し込みながら時たまパラパラっと3連発が数回入ったりして、自分的には終盤の上潮のほうが釣り感が合っていたようでした。

 71尾で終了、ますまずでしょうね。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0330/金沢八景・荒川屋/シロギス35尾(午前16/午後19:1本竿) [シロギス釣行記]

3月30日(土):金沢八景・荒川屋
小潮:干潮7:32→満潮11:07、潮色:澄、水温13.2℃
天候:晴れ、風:北6~2m
釣座:右トモ、乗船者:午前22人/午後15人
釣果:シロギス14~24cm、35尾(午前16/午後19:1本竿)

 午前の上潮の潮位差がなんとたったの8cmとは潮の流れが期待できません。そのとおりに潮は微動だにせず、そんな感じで厳しい食い渋りでした。
 午後は19:40干潮までの下潮の潮位差が67cmあり、北風でもあるので少しは潮が動くかな?結果としてはトロリぐらいの潮はあったのですが、そして潮先に仕掛けは入れられるのですがアタリを出せない状況で戦闘不能な状況でした。


「午前」

 中ノ瀬上手の中央部周辺でした。胴突き2本針で1流し目に何投か入れ替えて型を見ました。しばし流し続けていると、パラパラと投入の度にアタリが5,6発続くところに当りプチ連発しました。止めからの動きだしで魚が反応してくるようでした。潮はないですがこのぐらいの釣れ方がどかこであればOKでしょうと序盤は楽観的だったのですが、その後周辺を筋をずらしながら流しかえてもほぼアタリ無し、とことんアタリ無しとなってしまいました。どうかするとポツリと型を見れるだけ、朝一がハイライトだったということです。その後も超拾い釣りのまま16尾で終了でした。

「午後」

 午後は少し東寄りから入れました。1投目で3回聞いてあっさり1尾釣れました。ところがその後は何をやってもアタリが超散発でした。下潮はトロリぐらい流れていましたし、潮先(左舷トモ方向)寄りに仕掛けも入れられるのに、そして投入角度、投入距離(船下も)、止め方(プラス気味テンション、ゼロテンション、マイナステンション)、止める間の長短、聞き方の幅と速さ、等々を調整していってもどれもはまらずでした。結果は19尾で撃沈でした。

 そう右トモポジションでできない釣り方は潮ケツ方向にゆったり払い出しにさせて待ちつつ、船の動きでラインを張るような釣り方ということです。トモ側はだれもペースのでるアタリなどだせないのに、右ミヨシは良い感じに払わせてアタリがだしやすいようでパラパラと連発しながら今日の潮なら十分な釣れ方でした(Mちゃんが36尾で竿頭)。左ミヨシは見えないわけですが終わって聞けばM君が29尾と両ミヨシは形になっていたのでした。こういうパターンは過去にも何度か経験がありますがここまで極端なのは初めてでした。

 終盤に入れた場所で1投目からアタリがでるピンポイントにはいり、そこを狙い続けて7アタリ5尾ゲットが午後のハイライトでした。ただ、これ自体はたまたまアタリをだしやすい魚が少しかたまっていたピンポイントを狙い撃ちできただけで、トモで確実性をもって釣れるパターンの幅にはいってたわけではないのでダメといえばダメなのです。でも、この日の午後は手をつくしても釣れるパターンのきっかけすらななくお手上げというのが正直なところでした。こんな日もあるのが釣りでしょう。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0401/つり情報4月15日号に掲載

 新元号「令和」が発表されたエープリルフールの今日ですが、釣り人にとって重要な雑誌である「つり情報」の発売日でもあります。76~80ページに広島屋さんでの取材「宮本英彦さんとの対戦企画」が掲載されていますので、よろしかったらご覧ください。

 釣行記はサラッと書いて発売日までアップを控えていました。

 https://shirogisu-fune.blog.so-net.ne.jp/2019-03-21-2


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0324/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス55尾(1本竿) [シロギス釣行記]

3月24日(日):葛西橋・荒川屋釣船店
中潮:満潮6:36→干潮13:07、潮色:澄、水温:13.0℃
天候:晴れ、風:北西~北東5~2m
釣座:左ミヨシ(乗船者:4人)
釣果:シロギス14~23cm、55尾(1本竿)

 お客さん4人なので左舷に並んで、今日はミヨシでした。状況的に1本竿胴突き仕掛けで精度のある釣りをしたほうが良さそうな状況が続いいるようです。今日は下潮時間帯の潮位差が大きいので序盤まで潮はかなり速そうです。朝のうち中の瀬の東上手から数か所探って型を見ただけ、その後少し魚がいる場所が見つかってそこで粘ってから、中盤以降は西よりの場所で最後までポツポツ釣れました。

 胴突き1本針で開始しました。今日は上手東から数か所やっていきましたが、朝一の1投目では釣れずアタリすらない状態で経過しました。南下した数か所目でやっと型を見ましたが続かずだったので、一番南東まで下がり単独操業でした。

 ここまで下潮が速いのでポイント通過もかなりはやく魚を見つけるには船は十分に場所を流れて探れていました。南東部で流し込むうちに少し魚がいる場所が見つかったので胴突き2本針にして、そこを通過するように微妙に筋をずらして流し返すしていくのでにいかに釣るかそんな展開でした。いいとこではアタリは4、5投続くことがありました。それでうまく掛ければ3尾かな。ただし、速潮の二枚潮なので投入時のラインテンションの良い状態でアタリをだしていかないと掛け難いような感じでした。アタリをだせないままラインを何度も送っていると水中でラインがカーブする度合いが増すだけで、大きく聞いても着底感がモワっとしてラインの弛みがややとれるだけのような状態になっていると思います。そういう状態でカウンター的にガガッとアタリが来てもまず掛からないです。ならば入れ直したほうがベターだと思います。ここで中盤過ぎまでアタリがでなくなるまで流しかえて25尾ぐらいになったと思います。

 次は西よりの場所でじっくり構えて流しかえながら最後までやりました。1投目から釣れてポツリポツリの釣れ方でした。ここのサイズは20cmアップ混じりで平均的に20cm前後が多かったです。潮は適度に流れていて2枚潮もなおってしかもベタ凪で釣りやすかったです。しかし、アタリをほぼださない居食い系でした。ややマイナステンションでしっかり止める間を取ってからの小幅でスローな聞きだしの動作でかなり微妙なモタレやアタリを感知して掛けていう状況でした。ダブルが1回あってそれ込みで5尾とか、そんなプチ連発する場所が流していくうちに所々ある。
だんだんと潮っ気もなくなっていく時間帯だったので易しく釣れる活性ではなかったのは事実です。それがまた渋楽しいのです。(笑)30尾追加して55尾で終了となりました。



釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0317/金沢八景・荒川屋/シロギス65尾(午前32/午後33:1本竿) [シロギス釣行記]

3月17日(日):金沢八景・荒川屋
若潮:干潮8:39→満潮13:45、潮色:澄、水温12.0℃
天候:晴れ、風:北~南3~10m
釣座:左トモ、乗船者:午前28人/午後24人
釣果:シロギス12~23cm、65尾(午前32/午後33:1本竿)

 基本的に海の中はまだ冬で渋い落ちギスモードが続いていますが、日によってアタリが多い日もあっったりして釣果安定とはいかないまでもアップダウンの良い日は束釣りがでています。金曜土曜に良かった場所をあてこんでの午前船でしたが、序盤ちょっと気配あり後激渋でした。午後は少し場所をかえてアタリはそこそこありましたが風が邪魔でした。

【午前】

 中ノ瀬中央東で開始しました。1本竿胴突き2本針です。1投目のチョイ投げ着底でラインを張ったらサワリがあり、そのまま2,3秒止めて聞きだしでアタリがでて今日も1投目マジックか?その後もフォールへのサワリがけっこうあり(初めの20分ぐらいはとくに)、気配は良好でポツポツと渋モードながらこれならなんとか数もまとまると感じました。流しかえながら開始1時間ちょっとで20尾釣れました。

 その後がいけませんでした。下げ止まりで良かったのが完全な潮止まりから上潮時間帯にかかってアタリが激減してしましました。金曜土曜に良かった場所なのですが、今日は基本的に潮がまったくきいていないのでこうなるのかな。

 他船が展開している中央部やや上手寄りに場所をかえました。流しているとダブルがあり連発で5尾釣れました。場所で食うのかとも思いましたが後続なく、もう1回潮回りしても1尾だけでした。食い的には朝の場所より渋いなりに少し良い活性でした。しかし、船中は朝の短時間以降は大苦戦モードなのでした。

 終盤は朝の場所にもう一度もどってじっくりやりましたがアタリは復活せず。アタリはない?たま~にアタリガでるということもなく、超スローに錘を10cmほどずらすような動きで集中して繊細に丁寧にやっていると超微妙なサワリ(超ショートバイト)が極たま~にあるだけなので、難易度MAXの激渋状態でした。

 というわけで32尾で終了でした。

【午前】

 中ノ瀬中央部に場所をかえました。南風そよそよしてきました。午前の潮っ気なしの上潮の様子ではあまり期待できないので、下潮からかな?そんな思いでしたが、渋いながらも場所をかえたことが吉とでて船中全体的にアタリはそこそこあるスタートとなりました。ただし、食いは浅く掛かりは悪いので、アタリ数の半分ぐらいかかれば良いぐらいの序盤でした。潮的には始めから下潮向きっぽく左舷へずれて(前より)いっていました。定点でシェイク系で誘ってから止めると反応してアタリがでやすい傾向がありました。まあでも時速10尾ぐらいのペースです。

 中盤以降は風が強めになり遠投は控えめにするのがベターでした。例えば遠投でピンポイントに入った時に着底地点でのアタリが3投連続であって3ヒット、しかし4,5投目まで連続でアタリはあっても微妙なタイミングのズレとラインテンションで針掛かりせずなんてのがありました。ハマりきるような連発は難しい状況でした。

 中盤以降は右トモのUさんと超デッドヒートの楽しい展開でした。Uさん23/私20から、23/22、24/22、24/23、25/24、25/25みたいな。(笑)そしてあと10分コール後の終了間際に32/32から、先にUさん33、最後1投げで私も33となり同数でタイムアップとなりました。(爆)


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0302/新山下・広島屋/シロギス51尾(1本竿) [シロギス釣行記]

3月2日(土):新山下・広島屋
若潮:干潮8:47→満潮14:11、潮色:澄、水温:10.5℃
天候:晴れ、風:北~北東10~2m
釣座:左ミヨシ1,2番(乗船者:8人)
釣果:シロギス13~23cm、51尾(1本竿)

 すでに4月1日発売の「つり情報」をご覧になられた方もおられると思います。雑誌発売日まではブログアップを控えておりました。2月中旬に「つり情報」さんからご指名をいただき、宮本英彦さんとシロギス釣り対決の企画に参加させていただきました。竿は1本で胴突き1本針でやりました。約2時間で釣座交代して総尾数で勝負ということです。釣り場は中ノ瀬でおおまかに3カ所でした。


 中央西側で朝のうち北風が7,8m吹いてる中でスタートして、一時は風が10m前後まで増して中盤までやや釣り難い海上コンディションでした。潮っ気はほぼなく朝のうちは北風の下潮なのでちょろっとトモ流しで場は徐々に変わっていきながらポツポツと渋い想定どおりぐらいの釣れ方でした。

 潮止まり以降の中盤にかけて上潮はほとんど効かなかったので風で船は下がる傾向でした。所々で船中パックンチョ連打の場面もあり、底潮もほぼないのでしょう。近くの船も次第に南下しながら場所をかえていました。本船も少しずつ南下して場所を探しながらの釣りでした。ブッコミでは型をだすのですが余計に続くほどの食いではなかったです。

 終盤にようやく風も気にならない程度になり場所も南東部にかえたところで、潮回りの度にパラパラと釣れ少し上向きました。トモ流しで船も動くようになり4,5連発するところもあり、これから釣れそうな雰囲気になったところでタイムアップでした。

 基本的に魚はかなり渋い落ちギスモードだったので、低活性なりの釣り方でまあまあ攻略できたかな。よろしければ詳細については4月1日発売の「つり情報(4月15日号)の76~80ページ」をご覧ください。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0224/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス19尾(1本竿) [シロギス釣行記]

2月24日(日):葛西橋・荒川屋釣船店
中潮:満潮7:46→干潮14:11、潮色:澄、水温:10.0℃
天候:晴れ、風:北東~北西4~2m
釣座:左トモ(乗船者:4人)
釣果:シロギス14~22cm、19尾(1本竿)

 前日はシケもあって苦戦でした。翌日は凪予報なので期待しての連チャンでした。

 お客さん4人なので左舷に並んでの配置でした。状況的に1本竿胴突き1本針で精度にある釣りをしたほうが良いのではないかと思います。中ノ瀬中央東部、朝の潮止まり時間帯は左舷に風を受けての払い出しの横流し、潮はないですが場は動いていきます。そして今日も朝一の1投目で長めの止めからの聞き始めでアタリがでて上手く乗りました。その後も流しかえながらじっくり長めに止めてからの聞きだしでアタリがでるパターンで、1投入で船下まで探りながらかける時間は長いですが、なんとかポツリポツリとは拾っていけました。しかし、1時間ちょっとでツ抜けしたところでアタリがぱったりと止まってしまいました。下潮時間帯にかかって潮が気に入らないのかな?

 その後は場所を4,5ヶ所(他の船がやっていないが年末、年明けに釣れた場所を含む)、大きめに変えながら各場所はそれなりにじっくり構えて探りましたが、型が出ない場所やでても1尾だけとか、下潮は適度には流れているのに魚の反応は超薄いのでした。口を使う魚がある程度いる場所に当たらない感じでした。

 終盤は中央西寄りに移動して、じっくり流して行く作戦に徹しましたが、今日は徹底的に裏街道にはまってしまったようでした。1流し2尾ぐらい釣るのがやっとそんな展開でした。

 というわけで、凪なので集中してやれることはすべてやりきっての19尾、2日続きの修行系撃沈でした。まあ、こんな日もある。終盤の場所周辺でやっていた他船の釣果をみると、この日はけっこう場所がシビアだったということです。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019 0223/金沢漁港・進丸/シロギス16尾(1本竿) [シロギス釣行記]

2月23日(土):金沢漁港・進丸
中潮:満潮7:20→干潮13:32、潮色:薄濁り、水温:11.0℃
天候:曇り後晴れ、風:北東13m~東8m
釣座:右トモ(乗船者:8人)
釣果:シロギス14~24cm、16尾

 多数の方々にアクセスしていただいておりながら、釣りには行っているものの諸事情により更新が遅れておりますことをご理解ください。この時期は基本的に渋い落ちギスモードなので、その日の場所と潮時で魚がどのぐらい口を使うかで釣れたり釣れなかったりですね。

 雨予報がとれたので(風はありそう)、進丸のショート船(7:30出船~13:00沖あがり)で行ってきました。結果的には風が強すぎの大シケで終盤にやっとプチシケぐらいの海上コンディションでシロギス釣りをする海ではなかったです。(笑)

 場所は前日に気配があったという横須賀方面でした。胴突き1本針で開始して朝一の1投目で聞くとククッと触るアタリがでましたが掛かりません。その場で止めて聞くと再度アタリがでてあっさりと1尾釣れました。前日の場所にピタリと入っているようで、船中でもパラッと型を見ていてこれはいいかも?と思わせるスターとでした。経験的に朝一の1投目マジック?ってけっこうありますよね?その後も続く良いこともあるし、何故最初だけ釣れるのみたいなこともあるし、この日は後者に近かった。(笑)

 その後はピンポイント気味に流し変えながらポツリぐらいの展開でした。昔からの落ちギス期の定番場所(根回り)の一つでシロギスの型がそろいカサゴや小型オニカサゴが釣れる場所です。久しぶりにこういう場所でやるのは期待感があっていいのですが。いかんせん大しけすぎてドッタンバッタンしまくりで、投げすぎずに船下付近主体でラインと竿先に集中していてもコントロールが難しいのでした。ひとしきり水深も少しかえつつやりこんだらアタリがでなくなってしまいました。

 さらに南下しながら昔からの落ちギス期の定番場所を何か所かやってみました。その場所ごとに昔の記憶がよみがえるので何かワクワクするのですが、型がでたりでなかったりと、まとまる場所はなかったです。終盤に朝一の場所に戻ってみても型だけでした。

 というわけで、昔の場所巡りで釣果は16尾でした。風がここまで強すぎる日は行かないのが無難かもしれないけど、海に行ってみないと自然相手なので何がおきるかわからないでしょ?(爆)

 今年に入って3回目までの釣りは2本竿でやれる好調な日に当たりましたが、4回目は修行系の釣りになっちゃいました。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -