So-net無料ブログ作成
検索選択

290805/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス175尾(1本竿) [シロギス釣行記]

8月5日(土):葛西橋・荒川屋釣船店
大潮:干潮9:39→満潮16:41、潮色:澄、水温:27.0℃
天候:晴れ、風:北東1~3m
釣座:左トモ(乗船者:16人)
釣果:シロギス13~25cm、175尾(1本竿)

 東浅場は約一ケ月空いてしまいました。盤洲はかなり釣れた日もあり期待していたのですが、この釣行日の週の月曜日から湾奥が青潮となりその影響が徐々にでて盤洲まで酸欠が広がってしまいました。各船とも上手から様子を見ながら釣り下がり、釣り場が木更津~富津へと変わっていました。こちらもかなり釣れた日がありましたが安定とまでは言い切れないなか。でもまあ何とかなる?するでしょう。

 ということで大好きな場所のひとつ(過去に爆釣あり)である木更津の超浅場(2~4mぐらい)での釣りとなりました。1日通して順調をキープできる魚影があり、魚の活性も高めなものが多くて「引っ手繰り系」や「ガッツン系」ありで、今期自分がやったなかではこれぞ超浅場と一番感じさせる状況でした。下潮どまりにかけての1時間は久々の絶好調モード、時速50尾レベルに持ち込めて非常に楽しい釣りでした。

 7時に開始となりました。天秤にハリス1号、振り分け25/cm、針は良型率が高いような事前情報なのでキススペシャル8号、1日通してこのセッティグでやりました。チョイ投げで着底までのカウントで水深を確認して、まずはオーソドックスに船下までゆっくりめにストップ&ゴーで探ります。2投目でガツッ的な元気なアタリで20cm級がきました。3投目連発、空振りもありつつですが広範囲に投げて探っていけばポツポツと拾えます。下潮もいい感じに流れていること、船長が船をあまり止めないで新しい場所へ引っ張ってくれることもあって活性の良い魚にあたっていきます。10尾めぐらいに浅いほうを意図的に狙っていると25cmの大型も釣れました。釣り座的には下潮時間帯は基本的に潮先になっていたこともあり順調に時速25尾凸凹という感じでした。最初の流しこそ短めでしたが、その後は流しっぱなし、つまり超場伝いに下潮~潮止まり~上潮時間帯にかけて3時間近くで場所を往復してました。

 その大流しで下潮どまりにかかる9時台の1時間ほどが本日のハイライトでした。朝のうちより少し風もでたのでトモ流しの潮先最前線で船向きがほぼ決まり、ダブル2連発でゴングが鳴ってから1投1尾、たまにダブルありのペースでバリバリ気味に釣りました。釣りましたというのは、この潮向きと群れの濃さと口の使い方に合わせてリアクションバイトで釣ったということです。エサ付も基本的に頭の部分を3cm以内でやり、手返しもアップです。ここが船宿コメントにある「流石の、凄技」でしょう。潮っ気は緩くなっているので船内の釣れるペースは横ばいか、かえってペースダウンしているのですから。開始2時間で50尾弱だったのが3時間経過で1束に到達してしまいました。

 1束到達のちょっと前から完全に潮止まりで船の動きも悪くなってペースダウンはしていました。上潮待ちの体制ですが潮はなかなかこないので、船を引っ張って下潮で流してきたコースをこんどはツッコミで流し返していきました。上潮時間帯は下潮の時間帯よりは平均的に食いは落ち気味ではっきりしない釣れ方でした。でもまあ、濃いめの場所にさしかかれば数連発はあって、時速25尾凸凹はキープできました。上潮では基本的に払い出しなので、速く誘い過ぎて魚が追い切れない状態を作らないように止めの間を意識した待ち伏せ、前から釣れ出したところでは確実に拾うのが重要です。アタリが遠い時は投げ過ぎずに広角に入れ替えてを繰り返しましょう。

 13時に終了で175尾、今日の東浅場では1本竿2本針で飛びぬけた釣果のようでした。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー