So-net無料ブログ作成

【動画】DAIWA シロギス最前線 極鋭キスAGSで食い渋りを克服! [動画]

DAIWAさんの船最前線の動画に出演させていただきました。

こちらからご覧ください。
http://daiwa-funesaizensen.com/impression/1508/

さあ、トップシーズン真っただ中のシロギス釣りに行こう。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

290618/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス133尾(1本竿) [シロギス釣行記]

6月18日(日):葛西橋・荒川屋釣船店
小潮:干潮5:34→満潮10:57、潮色:澄、水温:21.0℃
天候:曇り後雨、風:北東8~10m
釣座:右トモ(乗船者:13人)
釣果:シロギス12~22cm、133尾(1本竿)

 連続で束釣り、前回に上乗せでした。前半は地味目にポチポチ~たまに連発があるものの、1日の最後で1束ラインが見えるかどうかの展開でした。下潮時間帯になってから船が動くようになり終盤にかけて良い気配があり、一気に束を超えて上乗せでました。

 朝はちょっと出遅れて実釣時間は7:15~13:00でした。12:30に雨もあたってきましたしね。11:00までに65尾、12:00までに105尾(時速40尾)、13:00終了で133尾でした。

 1本竿天秤仕掛けです。上潮が流れくれる期待と潮ケツになるので、ハリスは25/60cmで開始しました。1投目、2投目で幸先良く2連発して良いかなと思わせましたが、その後はポツリ程度ですが30分でツ抜けはしたので、まあ悪くはないでしょう。期待の上潮は北東風と均衡という感じで船がほとんど動きません。そこで、ハリスを20/40cmにかえて、渋いアタリを確実に感知る作戦にしました。ちょっと場所をずらしながらポツリ、たまにパラパラを集中して積み上げる展開でした。20mぐら投げてゆっくりのストップ&ゴー(ストップ長めでゴーはジワジワ)を基本にやりました。それで時速15~20尾で11:00までに65尾でした。

 中盤以降、この60尾台に乗るまではじっくり大流しをかけていました。上潮止まりの時間帯からは風で押されてトモ流し状態で動いていました。(下潮が早めにきていたかもしれません。)そして、11時過ぎぐらいに明らかにアタリの数が増える場所にさしかかりました。投入着底即アタリで掛かりが2連発があり、1投入1アタリがしばし続いたり(掛からないことあり、巻きバレもあり)しながらダブルもあったりしました。バレがなく良い時は7連発ぐらいまでありました。

 トモ流しなので潮先になる後方を主体にして投入のフォールで見せてしばし止め待ち、シェイクを入れて止め待ち、そんな感じでけっこうアタリがだせました。たまにはリアクションバイトのアタリもでてました。(ただし、まだ吸い込みが悪いし追っかけも悪いのでバレます。)アタリが多かった場所を通過するように(100m位の潮回り)で何度か流し直して、お昼までの1時間は今期浅場で一番の時速がでました。その後も順調に釣れ133尾まで伸ばせました。

 金曜、土曜と濁り系の潮だったそうですがこの日は澄んでしまって、潮色はマイナス要素でした。全体的にはまだ渋い食い方で居食いする魚も半分ぐらいかな?引ったくり系のアタリはほぼなしでした。ショートハリスなのでその渋さが手に取るようにわかるってところでもありますが、その渋いアタリもできるだけ確率良く掛けるつもりで集中して釣るのが重要でしょう。エサ付けも尾っぽ側を主体に細めの部分を長すぎず短すぎずの3cm基準で通し刺し、丁寧なエサ付けが掛かる率をあげます。この日はパワーイソメソフトも併用し、同じようにエサ付けしてやれば青イソメと同程度に釣れました。色は緑と茶が良かったです。

 
釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

第9回白鱚の会(5尾重量バトル) [シロギス釣行記]

6月11日(日):鶴見・新明丸
大潮:満潮5:05→干潮12:00、潮色:澄み~薄濁り、水温:20.0℃
天候:曇りのち晴れ、風:北6~8m
釣座:右後ろから5番(乗船者:20人)
釣果:シロギス14~25.5cm、18尾


 第9回目となりました。シロギス釣りに熱き情熱を持つ仲間達と続けられていることが素晴らしい。

 結果です。優勝は味埜くん(687g、9回のレコード更新)、右トモ3番で開始1投目で26.5cmをゲットして波に乗り乗り、一場所目で4本そろえて(終盤に5本目を入れ替え)先行逃げ切りでした。おめでとう。

 準優勝は坂本さん(635g)、右胴の間(前から5番)で終盤の場所でコツコツと大型を拾っていました。3位は門ちゃん(606g)、左トモ3番で序盤戦でとっていたようでした。

 私は494g(大型2本、25.5cm、25cm、以外は22cmぐらい)で圏外でした。仕掛けは胴突き1本針でした。右胴の間(後ろから5番)で終盤の場所で大型2本拾ったところまではよかったのですが、胴の間4人で同じ筋狙い(狭い筋しか大型がいない)で両隣に競り負けでした。大型追加には微妙に間が合わない巡り合わせ、今日は持ってなかったなぁ。この場所で4人で24.5~26.5cmを10本ほど抜いたので、一番抜いたのが坂本さんってことです。

 
 以下は全体的な状況です。左舷はあまりよくわかりませんが左舷有利な場所では大型がでたり、ダブルがあったりして歓声があがりました。

「1場所目 8:30開始~10:00」 
右舷に風当ての向きで流し始めましあたが、風当たりが良すぎて船を立ててのトモ流しで潮回りの繰り返しでした。トモ側が有利な展開、胴の間から前はほとんど大型が出ない中で、筋読みがあたって味埜君ほぼ一人で大型独占でウハウハしてたかな?(笑)

「2場所目 10:15~10:30」
まったりとズレるぐらいのトモ流しでした。右舷側は沖から良いかけ上がりで釣れそうだけど、型見るぐらいで大型はです。実はここは、目ぼしの3場所目付近に停泊していた本船の出港待ちをしてたのでした。

「3場所目 10:40~11:45」 
左前、左舷ヨコタ、左前(船首が壁向き)の動きでじっくり1流しでした。ブッコミでは右舷もパラッと釣れましたが、流し込み続けるほどにアタリが遠く、遠すぎる。左舷は前寄り中心にそこそこ良い感じだったようです。アタリ数で左舷10対右舷1ぐらいな感じかな?船下トントンのトレース待ちをしても、遠目でラインを送りながら長待ちしてもアタリがありません。恐るべし左舷ブロックということです。

「4場所目 11:50~14:00終了」 
1流しめだけトモ流しでした。その後の潮止まりからは、前に押しつつツッコミの流しで約1.5時間で数回潮回りしました。右舷が壁向きでその壁寄りが大型の筋でしたから右舷が有利でした。それがわかってしまえば皆さん超高精度の遠投で集中攻撃していきますから、熾烈な争奪戦といったところでした。

 船中総尾数はざっと4束でした。今期はシロギスの数が少ない傾向ですが、大型狙いに徹した釣り方をしている人がほとんどでも平均20尾×20人で400尾釣れましたから、西側の際回りにもいるところには居るという感じでした。まあ、皆さんの戦闘能力あってのことですが。(笑)

 安心したのは10m以内の浅場特有のアタリもけっこう多く、潮止まり前後でもそれなりに活性のある食い方をしてくる魚が多かったことです。実はやる前は数がかなり厳しく、活性も低いのかと心配していました。

 沖とか通常メインの場所の食いは今だに渋系が主体なので、産卵体制になってくればやはり全体的によくなってくるのではないかな?

 さて最後にお目当ての大型ですが、今回は特大とまで言えるサイズはでませんでした。船中で最大26.5cm3本含みで25cm以上が19本でした。24cm台が15本でした。これだけ大型サイズがでれば良しとしなけれればいけないですね。

 来年は記念すべき第10回大会です。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

290603/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス114尾(1本竿) [シロギス釣行記]

6月3日(土):葛西橋・荒川屋釣船店
小潮:干潮6:47→満潮12:30、潮色:薄濁り、水温:20.0℃
天候:晴れ、風:北東1、2~南西10m
釣座:右トモ(乗船者:14人)
釣果:シロギス12~22cm、114尾(1本竿)

 前回から1週間の間に微妙にアップダウンがあるようでしたが、潜在的に少しアップかな?良いほうの日に当たれば150尾ぐらい見込める日(船長が私ならという限定条件、スミマセン。)もでてきました。

 上潮時間帯が長く、その間はほぼ潮が流れずに渋い食い主体~時々激渋、それに耐えながら集中力全開に繊細な拾い釣り(ごくたまに数連発を速攻で稼ぐ)でした。終盤に下潮っ気になり、南西風も強まりというタイミングで潮ケツながら本日のハイライトがきて、じっくりめな釣りで1投1アタリでほぼ1投1尾近いペース、7,8連発もあって束を超えました。抜群に良い食いというわけではないですが時速30尾弱の久々の予兆的ペースがあり114尾まで伸ばせました。

 「極鋭キス82H-175AGS」に「夢の天秤」、錘15号、仕掛けはとりあえず振り分けで自分が標準としている25/60cm(ハリス1号、キススペシャル7号)で始めました。

 1場所目はアクアラインの下手からでしたが、船中アタリすらなくすぐに移動となりました。

 2場所目はアクアライン上手ですが間近な位置で、1投目でアタリがでて1尾釣れました。朝のうちはほぼ潮止まりなのでかなり渋いアタリでした。2投目でググッとヒットしてグイグイ引いたのはキスではなく50cm級のギンアナゴかな?(とにかくマアナゴではないので放流)その後もポチポチとアタリはありました。スローなズル引き+スローなストップ&ゴーで広角に丹念にじっくり探ってアタリを拾っていく感じでした。潮がこないので振り分けのショートハリス20/40cmに変更しました。アタリのある場所で数回流しかえながら(船の動く範囲は凄く狭い)、最初の1時間は時速20尾弱でした。ショートハリスでリアクションバイトも狙ってみましたが、潮無しに渋い食いではやっぱり効果なしでした。次の1時間はこすられちゃってペースダウンでした。

 上潮はほとんどきませんが、さらに上手に動いて大流し作戦になりました。北寄りの微風を左舷にあてて横流しですが、潮がないので船は上潮的な方向へは動かず、逆にアクアラインに向かってジワーリまったりとズレていきます。その所々でパラパラっと数連発あるので、その連発を確実に拾えるように精度の高い釣り(アタリをだして確実に掛ける。回収再投入を速攻で同じ位置に入れるつもりで。)が求められます。1時間強ながしてやっとアクアライン間近の位置まで流れて、ここは朝のうちに少し釣れた場所でやはり数連発ありました。
 さらに流し続けて橋の真下から下手間近にこえたあたりで、少し活性の高いアタリ(渋いのに比べてという程度ですが)が数発あったり、1発ですが引ったくり系のアタリもでました。本来ならこのような変化でまとまった食いがあってもおかしくないのですが、期待ほどには及ばずでパラパラとしばしの沈黙の繰り返し、沈黙の間は短めではありました。

 橋間近を少し筋を変えて2回流しましたが、満潮時間が迫ってくる潮時なのか次第にアタリがでなくなってしまいました。ここまで5時間弱で83尾となり、残り1時間20分ぐらいなので、1束は見えてるような?潮どまりの展開的には見えていないような。下潮で良い食いになればわけないか?

 最後はまた上手へ大きく動いての大流しになりました。始めはポツッ程度でしたが、次第に南西風が強まるとともに下潮っけがでてきて、引っ張り気味の操船でツッコミで動くようになりました。すると、1投1アタリ、ほぼ1投1尾的なペースになってきました。潮ケツになったので25/60cmに戻して、横にやや遠投(潮先の仕掛けが入っている筋を交わすため)しての、スローなズル引きでアタリがでました。7,8連発が決まったところでわりとあっさり束を超えていきました。終了時間まで流し続けて順調にアタリがあり、114尾まで伸ばすことができました。

 最後にようやく盤洲の浅場らしいアタリの数になって今後に期待がもてそうな感じでした。ただし、この日のこの数は終盤までに基本的に「渋い~時々激渋」のアタリを拾いまくっていたから叩けたわけで、終盤だってロスなく釣り続けていたからということです。

 
釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

290529/金沢八景・荒川屋/シロギス51尾(1本竿) [シロギス釣行記]

5月29日(月):金沢八景・荒川屋
中潮:満潮6:20→干潮13:27、潮色:澄み、水温20.0℃
天候:晴、風:北東2~南10m
釣座:左ミヨシ、乗船者:8人
釣果:シロギス15~23.5cm、51尾(1本竿)

 中の瀬で前半は天秤仕掛け、後半は胴突き仕掛け、最後にちょっとまた天秤仕掛けでした。実はこの日はダイワさんの面々とご一緒させていただき、「極鋭キス82H-175AGS」を駆使しての動画撮影でした。魚のほうは最近の状況どおりお約束的に渋い食いが主体でしたが、ダブルなんかも決まっちゃったりして順調に動画撮影は進みました。撮影ミッションの制約があるのでバリバリ速攻手返しとはいかないので、51尾はそれなりに良い数字でしょう。動画がアップされたらお知らせします。

 天秤仕掛けはいつもの振り分け25/60cmでした。前半は北東~東風で良い凪でした。船は適度に右下がり~右ズレ、1場所めから型はでました。15m見当で投入して着底したらすぐにラインが張って、止め待ち10秒ぐらい、ゆっくり聞き上げて場所ズラシしてから、止め待ち10秒ぐらい。このパターンと、ズラシごとにシャイクの誘いをかけてからの止め待ちを混ぜていきました。食いはお約束の渋い状況が主体ですが、魚が相対的に濃いところはメリハリのあるシェイクで反応してきました。とはいえアタリで100%は掛けられないけど、魚が相対的に濃いところはずらさずにシャイク2回目、3回目でまたアタリがでたりで掛けていくのもありました。巻きバレもありながらです。良い流れだと3,4連発ぐらいまでありました。ダブルも1回ありました。

 11時過ぎからは胴突き仕掛けは捨て糸15cm、ハリス40cmのスタンダードでやりました。天秤と同じく「15m見当で投入して着底したらすぐにラインが張って、止め待ち10秒ぐらい、ゆっくり聞き上げて場所ズラシしてから、止め待ち10秒」これを基本パターンでやりました。食い的にはやはり渋いので胴突きが適している状況です。ゼロテンションで止めている時のアタリを感知すること、聞き始めて居食いをアタリにしていくことです。アタが遠い場合は止め待ちを長くしていきました。流しかえながら、時たま投入フォール着底で即アタリのパターンもあり、数連発アタリが続くこともあり、渋いなりに順調に釣れていました。

 潮止まり時間帯はさすがに食いが落ちてしまったので、かなりの長さを止め待ちでアタリを拾っていくような感じでした。下手に場所ズラシで動かしたり聞かずにアタリがでるまで待つぐらいで食い込ませるイメージです。午後からはだいぶ南風がでてきましたが、なるべくゼロテンションキープできるように止めておくのがポイントでした。

 終盤は潮無し~やや上潮でトモへの動きになったので、また天秤を使って船の動きでハリスを張ってアタリを感知しにいくような釣りをしました。ポチポチと拾って、最後の1投でダブルを決めて終了となりました。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村