So-net無料ブログ作成
検索選択

290402/金沢八景・荒川屋/シロギス126尾(午前61尾/午後65尾)(2本竿) [シロギス釣行記]

4月2日(日):金沢八景・荒川屋
中潮:満潮7:34→干潮14:40、潮色:薄濁り、水温13.0℃
天候:晴、風:北東~東北東5~2m
釣座:右トモ、乗船者:午前5人、午後8人
釣果:シロギス13~23cm、126尾(午前61尾/午後65尾)(2本竿)

 3月下旬の情報を見ているかぎり良い潮時ではそこそこ良い食いもあるようです。4月になったことだしそろそろ春モードに期待ですね。結果は、胴突き1本針の2本竿でアタリが集中する時は船下速攻の連発で上乗せしながら、1日通して時速20尾凸凹をキープして束釣りでした。今後に向けて景気づけできたかな?


「午前」

 8:00に中ノ瀬の水深18m前後で開始しました。3月31日(金)の終盤の上潮時に良かった場所だそうです。これまでも上潮時は良い食いもある傾向だったそうですが、今日は下潮時間帯でどうなるか?

 胴突き1本針(捨て糸15cm、ハリス1号40cm、針は競技キスSP8号)、「極鋭キス82 H-175 AGS」1本竿でチョイ投げ投入で始めてポツリ、ポツリと釣れだしました。北東風5,6mでやや波がボチャボチャのトモ流しでした。アタリは飽きない程度にありますが序盤はまだ下潮がほとんどないぐらいで掛かりはやや悪い傾向でした。この潮なら2本竿にして投げて探しながらやりましょう。流し込んで25分ほど経ったころに魚群に乗りました。2本竿交互に7,8連発して、その後も順調にアタリがあり、掛けられないアタリもありながら40分流して潮回りするところまでアタリがありました。1流し25尾は上々でしょう。誘いを入れた後に止めの間をしっかりとってからスローに聞く、錘が動きだし次いでエサがスローに動きだすぐらいのイメージで聞くとアタリが感知できるようなパターンでした。

 2流しめも流し始めはややアタリが遠いですが、自分の目測で1流しめの連発の山にさしかかると明らかにアタリが多いのでした。ただし、下潮がそれなりに速めに流れだし上っ面が速い2枚潮の抱え込みになったので、投げてしまうと掛けにくいのでチョイ投げ程度でラインテンションをしっかりかけて釣るか、船下でしっかりラインを立てるかで対応していきました。ラインを立てるにはアタリがない時に大きく聞いてゆっくりと落とし直すことです。2流し目はちょっとペースダウン傾向でした。その後はさらに潮が速めになりました。

 その後の流しは、釣れる山が比較的狭く絞れたので、その山を20分程度で通過しながら流すような繰り返しになりました。濃い場所は船下で速攻4,5連発まじえながら順調でした。11:00までに61尾で終了となりました。数字ほどに簡単に掛かる釣りではなく掛ける釣りで釣り切ったという数です。2番手(左トモ)が30尾前後かな?


「午後」

 午後も同じ場所で13:00に開始しました。1投めでいきなりアタリで1尾ゲットしました。アタリはポツポツとありました。ただ下潮の流れはすでにまったりでアタリの間が空きながら、午前のような短時間集中的なメリハリはなく広めに釣れる感じでした。時速20尾ぐらい釣れたので順調といえば順調でした。ただし、次第に潮止まりになってきたところで、アタリが少なくなってきました。

 さて、13:30ぐらいに流しかえた時に手を打ちました。潮がないのでハリスを30cmに詰めました。それが上手くいったと思いますが、2本竿交互に5連発、バレを挟んで2連発、その後もポツポツ拾えて、時速20尾キープに戻して15:00でジャスト40尾、これにて101尾で今日のミッションはコンプリートとなりました。

 15:30前後に上潮がトロリぐらい流れだしたところで魚にスイッチが入りました。アタリ強度がアップしてきましたし、左舷ヨコタにズレるので船下投入で右舷へやや払い出す程度に仕掛けを止めているだけ、誘わずに静かに止めているだけのほうが良いぐらいに魚のほうでアタリを出してくるような食い方になりました。まあ、それでもアタリで100%掛かるわけではないですが、船下入れ替えだけなのでペースアップします。16:00に終了で最後に2本竿とも釣れて65尾でした。

 今日は予想以上に釣れました。釣った感も十分でした。中ノ瀬の場所が拡大してきたかもしれません。赤クラゲも少々でてきました。春モードのシロギス釣りが盛り上がってくることに期待しましょう。



釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村