So-net無料ブログ作成

マゴチ、モンスターサイズ61cmをゲット [マゴチ釣行記]

8月30日(日):八幡橋・鴨下丸(濱生丸、望月船長)
大潮:満潮4:44→干潮11:21、潮色:澄み
天候:曇り一時雨、風:北東~南東~北東(1~3m)
釣座:左トモ(乗船者:午前22人、午後8人)
釣果:マゴチ35~61cm、6本(午前2本/午後4本)

 今期初のマゴチ釣りに釣友6人で行ってきました。水温低下と潮具合でアタリは散発気味にポチポチ系でけっこう難しい状況でしたが、午後にモンスターサイズ61cmを初戦からゲットできて結果オーライでした。いつものキス竿で釣る大型マゴチは楽しいです。

11951265_1614922595461976_3943353442588388956_n.jpg


「午前の部」

 掘割川のいつもの辺りでハゼ釣りをしましたが、下潮はけっこう流れがあり食いもサイズもいまいち、6~12cmを12,3尾で終了でした。

 午前は羽田沖まで遠征しました。掘割の川の流れがあったので海のほうも期待していたのですが、下潮最高潮ぐらいの時間帯で開始しているにもかかわらず羽田沖はまったく潮がないのでした。微風で右舷へヨコタにわずかにずれていく程度でした。
 
 とりあえず、いつものキス竿(1.8m)と小物竿(2.1m)の2本竿にハリスは1.5mでスタートしました。潮がないので高めのタナ取りを基本としてで2本のタナを微妙に変えたり、タナの取り直しの間を変えたり(1本は完全に置竿にしてみたり)、もちろんハゼは動きのよい特別に大きいのはないけど大き目から使って動きを重視でやりました。でも、アタリは訪れないのでありました。

 右舷側は一応潮先なのでポチポチとアタリがでていますが、小さなサイズが多いようで掛けられないのもあるようです。じっくり流し込んで右舷10人で5,6本釣れる間に左舷12人で1本型を見るぐらいの展開で、1時間以上経過して左舷は2本しか釣れていません。当然のように潮止まりに向かっているので潮も流れてこないので沈滞ムードが。(笑)

 さて、何かしら手を打たないと危険ということでハリスを1mに詰めました。それでラインもマーカーできっちり1mのタナを基準にして、タナの取り直し多め、タナからさらにゆっくり吊るし上げてもどすとかでエサをアピールという意図でやりました。まだ右舷へヨコタの動きでちょっと右前にでてるかな?といタイミングでアタリがきました。あまり大きそうではないですが、離されないうちに早めに勝負でヒット&ゲット、開始1.5時間経過の44cmでした。

 その後は潮が止まってしまい、船長は小まめにポイントを小さくズラシたり入れ替えたりで、ブッコミのリアクション的バイトを狙っての積み重ね作戦になりました。事実、釣れるポイントでは投入直後に誰かしらにパラッとは釣れていました。風が弱いので船向きも全体に魚を回すべく向きをかえたりしながらでした。

 アタリのないまま終了間際にやや船を引っ張り気味にしたところで、アタリがきました。さっきより小さいでしょう。これを無事にヒット&ゲット、39cmでした。そして間もなく終了となりました。トップは右ミヨシが5本でちょっと抜けてました。次は3本、2本が数名でした。他に2回、一瞬のモタレみたいなのがありましたが対処のしようがなかったです。食い渋りのチビコチでしょう。


「午後の部」
 
 すでに掘割川は上潮で「川の流れ」は出来上がっていました。そしてハゼはアタリすら少なく2尾しか釣れず。

 午後は海堡周辺に向けるとのことでした。行きがけに富岡沖で短時間入れてみましたが、潮は流れて良い感じですが船中アタリなく、帰り際に再度やるとのことで海堡周辺へ向かいました。

 現場は海ですが「川の流れのように」2ノットの潮だそうです。西方面に向いて右舷ヨコタにスラスラスイスイと流れていきいます。この海域にもチビサバフグがかなりいて、エサを齧られるので点検が必要でした。開始早々に右舷で型がでました。チビコチのアタリもあるようですが、激流気味の潮での対処は難しいようです。

 ハリスは1.5mでタナは1m基準で、その位置からやや下げ目とかで、エサはできるだけ大きいのを選んでやっていました。右舷からアタリがでているタイミングに集中力を高めて、エサを新しいのに交換して投入すると、着底即のタナ取りから「グイーン」と一気に引き込まれました。速潮の払い出しですから短竿で送り込めるとこまでついていき、その位置で「ゴン」で躊躇なく合わせてヒット、短竿をひん曲げて叩く良い引きです。船長のタモ取りでゲットしたのは54cmのグッドサイズでした。

 さらにアタリがでて、これは一気に「グイーン」ではなく早めに段階的にアタリが増幅したとろで合わせてヒットの重みは十分に乗ったのですが、巻き始めるとすっぽ抜けてしまいました。残念。続けてアタリがでて、これも「グイーン」系でヒット&ゲットは48cmでした。ほぼ3連発のアタリでした。

 流しかえて潮がやや落ち着いてきて、エサもあまり大きめなのがなくなってきたので、必殺?ウロハゼ、最初の動きにかけてみたいな意図で入れてみたところ、タナ取り直後に「グイーン」からのアタリでヒットしました。これはデカイ、いつものキス竿で痺れる引きですな。無事、船長のタモ取りでゲットしたのは本日船中最大61cmのモンスターサイズでした。やった~。

 しばらくして潮がさらに落ち着いてきて、今度はモヤモヤしたアタリで小さそう。合わせましたがスカでした。ハゼに噛みあとがあったのでチビコチですね。

 船中アタリがでなくなったところで最後に富岡沖に戻りました。ここでは船中ポツポツとアタリがでましたね。北向きで微妙にツッコミなので1本の竿にサイマキの大き目をつけてみたところ、しばししてアタリがでました。テンションキープの対処で引き込みが強くなったところで合わせました。これもヒットの重みは十分に乗ったのですが、巻き始めるとすっぽ抜けてしまいました。それなりに大きそうだったので残念無念。とりたかったなぁ。

 しばしして、ハゼエサでタナ取り後に吊るし上げたところへアタック、テンションキープで竿先を下げつつ小さそうなので早めの対処で合わせてヒット、これは本日私の最少35cmでした。最後は短時間の割に船中釣れましたね。

 トップは右ミヨシで6本でした。あと2本とれそうだったけど、今期初で61cmもとったので満足感はいっぱいでした。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

第14回 金沢漁港シロギス釣り大会  [シロギス釣行記]

第14回金沢漁港シロギス釣り大会が8月23日(日)に開催されました。過去最多の790人(35隻)が参加したそうです。

今年から競技規定が変更となりました。これまでは3尾重量でしたが、今回から1尾全長になりました。サマージャンボ宝くじみたいなものか?単純にそうではないですが運が貯まっているかどうかが効いてしまうかなぁ?もう一つの変更は釣り場の制限が設けられたことです。あるブイから南には行けなくなったとだけ書いておきます。

今年も進丸から参戦してきました。2隻の一括抽選で第7進丸の左ミヨシ2番めとなりました。お隣のミヨシは釣友N岸さんでした。これがA屋の絆ってことかな?(笑)ルール変更したんだからいっそ足並みをそろえて船宿ごとに抽選に変更してもいいんじゃないでしょうか?

8時スタートで場所に向けましたが北北東の風が強く沖に走る状況ではなく、近場の風陰へと向かい大きな場所移動はなく周辺で13時までやりました。

最初の流しで1尾目が24cm(自分のクーラーに張ったシールのメジャーで)と幸先よく、暫定船1位です。まだ早すぎですが。(笑)朝のうち上潮(10:46満潮)で食いは悪くないですが、いかんせん今期の西側は魚が少ないので2,3尾連発すれば良いほうで、あとはじっくり丹念にやるだけです。場所的に根掛かりも多く、フグも多め、ベラもいますので仕掛けの消耗戦な展開です。天秤と胴突き合わせて1日でどれだけ使ったのか、けっこう記録的に使いましたよ。(笑)

22、23cmはポロっとくるけど、特大はこないまま潮止まりで食い気がなくなってしまいました。そこで、小さく動いてその場所では多少食ってきましたが大型気配はなかったです。

ここからが今日のハイライトです。私じゃなくお隣のN岸さんのですが。11時過ぎにまたもとの周辺に動いて再開しました。船長がチェックしていたポイントだそうです。ここで流し始めるとなんだか潮が左前へ突っ込みで動きだしました。ミヨシは大チャンスタイムに突入しました。13,4mから入れてすぐにかけ上がってくる様子がわかります。最後は6m前後かな。ブッコミの深いほうではアタリがでませんが、投入時にカウントしてるのですぐに浅目になってきて3投めからアタリがでてきます。しかも釣れるサイズが船中全体的に良く、23cm前後がパラパラと釣れます。

仕掛けを止め気味に待ち伏せ気味にしていればアタリをだしてくるので、この場所で3回流しめまでの正味30分は食いもよかったです。この場所でN岸さんが潮先からドーンと一発、特大27.5cmを引っこ抜いてきました。これで決まってしまいましたね。私は23cm揃いと大会じゃなきゃ良いサイズだけど、この時間で獲れなきゃ運がないということですね。対照的にN岸さんは他に2本の大型を獲りましたから、潮先で鉄壁のブロックをかまされた形でした。船中では胴の間で25cm前後が1本でました。この場所は最後まで流して終了となりました。数は29尾でした。これで船中ダントツの数です。

私は船中3位でした。N岸さんは見事に自己記録魚を釣って総合3位、表彰台に登られました。おめでとうございます。

優勝は木川丸で28cm、総合6位までが27cm代でした。細かい数字はどこかで発表されるものをご覧ください。これだけの大人数だと上位はかなりの僅差なので1尾全長ってかなり微妙なルールだったと思います。魚の管理状態で変わる要素がありますからねぇ。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

270816/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス328尾(1本竿) [シロギス釣行記]

8月16日(日):葛西橋・荒川屋釣船店
大潮:満潮5:25→干潮11:58、潮色:澄み、水温:27.5℃
天候:曇りのち晴れ、風:北東2~4m
釣座:右トモ(乗船者:7人)
釣果:シロギス13~23cm、328尾(1本竿) 

 3回連続で3束アップしました。今期の状況なら偉業かな?(笑)状況というか魚の動きは深め中心になってきているので終息に向かっていると思われますが、もう少しいけそうですよ。

 出船前の船長談として「昨日も深めのほうが良いような食いになってきた。浅いほうは途切れるしなんかおかしい。深いぶん2本竿のほうが数は取れるかもしれなから2本竿の記録狙いもありかもよ。」とのことでした。というわけで、一応、いざとなった時のために2本竿をセッティングしておきました。この日ももちろん天秤仕掛け、ハリス1号、振分け25/60cm、キススペシャル8号でした。

 盤洲で7:15開始となりました。一流し目から深めでカウントすると10m近いかな?1投目から止めた仕掛けにアタリが出て1尾目をゲットしました。下潮は適度でトモ流しなので、水深も考慮してとりあえず飛距離は控えめにして、潮先でアタリ待ち伏せ作戦が的中しました。1投1尾の連発が自分的にはハイペースまではいかないけど今期ならかなり順調に続きました。水深的にはプチモーニングサービス気味でしたね。エサは頭付きのまま2cm程度でやっていました。

 左トモの方が2本竿で1本を船下に置竿にしているので、アタリが頻繁にでていることが横目に確認できました。だけど、アタリの回数のわりに掛からないしアタリもキュンキュン、ガクガクとはいかず、触っては離しみたいな弱いあたり方で置竿では喰いこまないのが多いようでした。確かに手持ち1本竿でもアタリは弱く、待ち気味の釣りで掛けていければ連発できるようです。30尾ほど釣ったところで、確認のために2本竿を入れてみました。船下の置竿でタナをとって掛かってくるかどうかをチェックしました。これが予想どおりアタリの半分ぐらいしか掛かりません。5分ほどで3尾釣ったところで、今日の食い気に対しては(潮止まりにむかうこともあるし)1本竿で十分というか、仮に2本で柔らかい良いエサを付けて手返ししても掛りの悪さにストレスを感じるのは明かで、5分で判断がついたのでいつもどおり1本竿で攻める釣りに徹しましょう。

 じっくり流し込むと次第に水深が浅くなっていきます。流しきったところで4m前後でしょう。潮回りして流すと魚の濃淡はそれなりに変わるので、パラパラ連発したり、ポチポチだったり、アタリの出がスローになったりしますが、パラパラをいかに速くできるだけ続けるかが決め手でしょう。朝1時間で60尾、2時間で110尾ぐらいになりました。しかし、やはり今期はずっと好調に単純にはいかないのです。10時ぐらいからすでに潮も緩くなって、アタリは平均的にさらに弱くなりけっこう怪しい食い方に変わってきました。潮っ気が弛みとヒイラギがでてくるのはお約束のようです。それと今日は朝から厄介な邪魔者がいました。10~15cmのサバフグです。ダブルで釣れたり、針が2本ともなかったりなんてことが数回ありました。

 アタリの間隔があくような時は、遠投して広範囲を丁寧にサビクような釣りで1投の時間をかけてもできるだけ確実に1尾をとるようにやって、なんとか4時間経過で2束に到達しました。食い方が変わっても魚がいなくなるわけじゃないので、釣り方で対応してここまでの平均時速50尾をキープなのでした。150〜250尾ぐらいまでは、頭エサは使用せずにひたすら柔らかいエサを2cm程度につけて遠投してアタリがでたら確実に吸い込ませて針先をあてて掛けてしまう、そんなつもりの対処で耐えつつコツコツ積み上げて上潮待ちの構えでした。船中の様子も朝のうちの下潮がなくなってからは、かなりアタリが出せないようで沈滞ムードが漂っていたと思われます。そんな状況でも、誘うタイミングを合わせながら1人釣りまくるのでした。傍から見れば「何故?あの人だけ入れ食い?」だったでしょうね。

 はたして、上潮はくるのかどうか?上潮でバリバリこないかな?250尾まできて3束は見えたので頭エサを併用しつつちょっと気配が良くなってきたかなというところもありました。ダブル2回混じりで一気に20連発ぐらいして13:10(6時間弱経過)で3束に到達しました。この頃が少し上潮っけになったかな?というぐらいですが、船中全体にはまだ上向きになりませんでした。その後はまた頭エサだけでやって、最後の20分で28尾を追加して終了となりました。

 今日も上手く対応して釣りきりました。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

270814/金沢八景・荒川屋/シロギス103尾 [シロギス釣行記]

8月14日(金):金沢八景・荒川屋
大潮:満潮4:17→干潮10:51、潮色:薄濁り、水温26.9℃
天候:晴れ、風:東~南2~8m
釣座:左トモ:乗船者4人
釣果:シロギス13~24cm、103尾

 6月21日以来の八景に行ってきました。今年は西側から中ノ瀬が思うように状況が上向かないまま夏になってしまいました。近年の中では厳しいのですが昔を思えば釣れていないとまでは言えないですね。日によりムラもあるようですが、行くからには何とか攻略してやろうともがくわけです。(笑)

 8:30に中ノ瀬の東方面で開始となりました。水深18mは超浅場に慣れてると深く感じますなぁ。アタリの質もその分だけ変わります。まずは下潮が効いている想定で天秤仕掛(振分け25/60cm)でチョイ投げ程度の投入で始めたところ、着底してシェイクして止めたところでアタリがあり1尾めをゲットしました。2投目も同じパターンで2尾めをゲットし、3投目はトラギスでしたが、4,5、6投で3連発ときて至って順調なスタートでした。表層の潮っ気はけっこうあって、その割に底潮はないようでアタリは全般に弱いです。予想外に?30分ほどでツ抜けしました。しかし、ここは良い場所にいきなり入った感じで次第にトラギス、メゴチ、パックンチョばかりになってしまいました。シロギスがそれほど濃くはないので、誘って止め待ちをしたいのですが、底潮がないというこでこれらの外道の餌食になりやすいということです。

 場所を西に移動しながら数か所攻めていきますが、どこでもシロギスは型をだすけど続きがなく単発でポツッ、外道がいっぱいきてまたポツッとの状況でした。外道対策で胴突きのほうがやや分がありましたね。胴突きでも明確なアタリはで難く、モソモソと弱いアタリにテンションをかけて一呼吸待ってさらにゆっくりと聞いていくようにして乗せるような釣りでなんとか掛けていきました。潮止まり前後をしのいで上潮待ちの体制でなんとかお昼までに50尾を目標で頑張りましたが、5尾足らずの45尾で上潮の午後に突入しました。

 午後のほうが多少食い気が上向いて、良い場所では着底即アタリが数回続くようなことがありました。ここでまた天秤仕掛け(振分け20/50cm)にして、定点シェイクで誘って止め待ちを短めにして小さく聞くパターンでちょっと良いパターンにハマってきました。派手に数は伸びませんが14時で85尾まで持ってきたので、何とか束までは踏ん張りますよ。

 85尾まできた流しはちょっと魚が多めにいた場所でダブルが3連発でありました。しかし、流し返すともう売り切れ気味なのか?アタリがガクッと減ります。ここから何か所か動きつつ拾い集めていきました。南風がフワフワして潮も速くなってしましったので、船下主体にして精度を上げていきます。ラスト10分で95尾、超微妙です。(笑)

 ラストの流しでダブルが1回あってポンポンと単発で連発がきて、さらにダブルがきて2分前に101尾、滑り込みセーフの束釣り達成でした。さらに2尾追加して103尾で15時終了となりました。いやぁ最後はどうやって決めるか冷静に盛り上がりましたよ。(笑)


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

270813/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス336尾(1本竿、今期東浅場最高釣果更新) [シロギス釣行記]

8月13日(木):葛西橋・荒川屋釣船店
大潮:満潮3:39→干潮10:13、潮色:薄濁り、水温:27.5℃
天候:雨のち晴れ、風:南3~6m
釣座:左トモ(乗船者:10人)
釣果:シロギス13~24cm、336尾(1本竿、今期東浅場最高釣果) 

 2週続けて週末は陸止めでした。釣果を眺めていると、おそらく今期MAXなスイッチが入ったはずな数日間があり、8月4日(火)にN山さんが320尾とド派手な釣果を叩いていました。7月26日(日)の308尾が更新されちゃったので、やや悶々としていたかも?まあそんなこともないのですが、海が恋しい。(笑)行けば条件次第ですから。

 というわけでお盆休みに入ってようやく沖に出られました。船長談として「あの数日は昨年みたいな食いになったけど、それからはまたその前(7月下旬)と同じ程度に十分に好調で、ここのところの平均的な食いはあるよ。」とのことでした。出たらとたんに3束超えの336尾、前回と同じ程度の状況があれば十分ということです。今期の盤洲で自身2度目の3束超えで今期の記録を更新できました。

 1本竿、天秤仕掛け、ハリス1号、振分け25/60cm、キススペシャル8号で1日やりきりました。仕掛けはこの程度のショートハリスで十分です。潮の向きや速さに対応していけばよいのです。何より「アタリが感知しやすいこと」、「カーブフォールで着底即掛け率が高いこと」、「誘いが効くこと」のメリットを最大限に活かして楽しみましょう。

 盤洲で7:15開始となりました。一流し目は2,3mラインを流していましたが、じっくり探ってアタリをだしていくような状況でいまひとつアタリをだしにくいかなという感じでした。それでも40分で30尾、ツッコミの潮ケツなので潮先を交わした横方向に遠投気味な位置からある程度待ち気味の釣りなのでOKでしょう。

 二流し目は4,5mラインに水深を落としたらこちらのほうが濃いようでアタリの出方がよくなり、下潮も適度に効いて大流しで安定して釣れるようになりました。横方向だけでなく、トモ後ろからでも止め待ちでアタリをだすか、止めから小さくリアクションをかけて、時速50尾前後をキープできるようになりました。型も以前より平均一回り二回り良くなって、良型、大型サイズが目立ちました。以降はこの水深を流し替えていきました。

 10時頃の潮止まり前後で船が突っ込まなくなった時合には、大き目サイズ22,23cm前後(最大は24cm)が入る率が上がってきました。モゾモゾ居食いするような小さく弱めのアタリで聞きアワセするパターンでした。潮止まりの時間帯をまたぐにもかかわらず時速50尾前後のペースはキープできていて、7:15〜11:30で201尾と2束を超えました。ただ、前半はなかなかダブルにはならず、狙ってもならずほとんど単発での釣りでした。

 11時頃から上潮っ気でトモ流しになってきてからはダブルが増えて、瞬間時速がアップすることもありました。狙ってダブル3連発が最高でしたけど、流しの中でところどころ濃い所で狙う感じでした。昼前後に断続的に良い食いがあってこの時間帯で稼げたので、13時過ぎで309尾となっていました。昨年ほどの激しく荒い食い方ではく、着底一発とか一誘いでヒットは少なめでしたが20cm級主体に、昼前後の時間帯は時速70尾ぐらいの昨年を思い出させるような釣りを楽しみました。最後は潮回りして25分で26尾追加して13:30終了となりました。いやぁ攻略度150%かな?楽しかったなぁ。

 
 一般論として、今期の今現在の普通の状況で3束アップするのはかなりたいへんです。他船で2本竿使用で2束アップの釣果はでていますが、昨年ぐらいから葛西橋トレンドで1本竿ですからねぇ。もちろん葛西橋では(ほぼ連日?)1本竿で2束アップしています。前回も今回も時速50尾を刻み続けることを意識して全力でやりました。今日だと朝の一流し目はやや足りないけど、流し替えたとこで入れっなぱに良かったので15分とかで20尾ぐらい取れています。1時間として凸凹はあるけど均せば50尾、良いとこはその時に合っている釣り方をシンプルにぶれずに繰り返す。普通に単発なら単発上等で手返しです。

 潮止り前後から上潮にかけてはヒイラギが少々でてきましたが、その時は誘いを控えめにしつつ、ゆっくりサビくだけとかにしてやります。それほどヒイラギがダブルで連発してしまうほどはいませんが、時合ででてくるので、その時は激しい誘いや上下へのアピールは控えましょう。

 普通に釣っていて局所的にダブルが大目になったら、1尾掛けてさらに1誘い2誘いぐらいサビいて狙う。それ以上はトータルで遅くなるから2尾目を掛けにいかない、あまり固執しないほうがリズムで釣っていけます。

 今日は1日とおして、ゆっくりめの誘い、ストップ&スローゴー(サビク)主体の釣りでした。カーブフォール着底即掛けは少な目、誘いもリアクションバイトがバンバンは決まる場面も少なく、じっくりとサビく誘いがけっこう有効でした。

 昨年に比べると今年は群れと群れの隙間がやや広いけど全体の魚影はそれなりにあるということです。昨年は隙間が無いような接近具合の異常な魚影なのでずっと釣れ続けるけど、今年は途切れる場面と食いが怪しくなる場面が入ります。その対処として、アタリが途切れた時は飛距離はある程度だしたほうがいいように感じます。そして、丁寧にじっくりとサビく誘いで1投げに時間を少々かけても1尾をできるだけ取るような。


2度目の3束ってことです。6束じゃないって。(爆)
2c3acb82.jpg


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村