So-net無料ブログ作成

290722/下浦沖、和船に和竿で116尾 [シロギス釣行記]

6月第1水曜日に開催されていた和竿の大会がなくなって以来5年ぶりかな?お誘いがあり久々に金田湾、下浦沖で和船に和竿で釣りをしてきました。

7月22日(土):金田漁港・達丸
大潮:干潮10:03→満潮17:43、潮色:澄、水温:26.5℃
天候:晴れ、風:南4~8m
釣座:乗船者:3人
釣果:シロギス10~24cm、111尾(1本竿)

 3人で左舷2人の前の釣り座でした。8時前には釣り始めました。柔らかめの和竿に錘8号の天秤仕掛け、ハリスは1号振分け20/40cm、針はキススペシャル7号で1日通してやりました。大潮で10:03干潮にむかう朝の一流し目が今日のなかでは一番潮がトロッと流れていたようです。水深5m前後から始めて船中ポツポツと釣れだしました。型は小中主体でした。船首から投入した錘を引かせての風(南風そよそよ)に乗せて櫓で練りながらのトモ流しです。際に向かって3.5m前後まで浅くなっていきます。大流しの中盤ぐらいでややアタリが多めなところがあって時速20尾前後の釣れ方でした。払い出しになる釣り座で止め気味にして船で引っ張らせるような誘いが良かったです。激しめとか速めに誘っても反応してこないなぁ。フォールには時たま反応するやつがいました。

 筋をずらして大流しの繰り返しですが、潮止まり前後であきらかに食いが落ちました。船の下がり方もまったりしてしまったので、良いエサ(ジャリメを使いました。あまり小さいエサには反応いまいち)を付けかえて投入から船下までをじっくりと繊細に丁寧にさぐって入れ替え、その繰り返しです。メゴチも増えてきましたが、混じりで忍耐で10尾ずつ区切りを目標に積み上げていきました。

 流しかえの上潮待ちで好転を期待していましたが、ほぼ変化はなく良いところで5,6連発をはずさないようにという感じでした。時たま大型24cmが竿を絞り込んでくれたりするのでした。他に23.5cm1本、23cm2本混じりでした。

 時間経過とともに南風がやや強まりコンデションは悪くなりましたが、数のほうはコツコツと順調でした。70、80、90ときてカウントダウンが始まるまでにやや間が空きましたが、始まると数連発の繰り返しで14時前ぐらいに目標の1束に到達でした。これには船長が絶賛してましたよ。今期のイマイチな状況と今日の潮と風で必ずしも食いは良くない状況での1束ということでした。

 14:40にあと5分コール、14:45で114尾、最後の1投やってくださいで115尾になりました。あと1尾釣ればなにやら今期最高らしく?(前週に手ばね竿の某名人が115尾とのこと)、片づけするまで釣っていいよとのことで泣きの1投、着底で馴染ませてほぼ電撃的に116尾めが釣れました。再び船長が絶賛してました。仕事サクサク早業で決めておきました。(笑)


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0