So-net無料ブログ作成
検索選択

290504/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス43尾(1本竿) [シロギス釣行記]

5月4日(木):葛西橋・荒川屋釣船店
小潮:干潮6:09→満潮11:01、潮色:薄濁り、水温:16.8℃
天候:晴れ、風:南4~8m
釣座:左トモ(乗船者:20人)
釣果:シロギス12~24cm、43尾(1本竿)

 木更津周辺の沖から際の浅場まで探索してきましたが激渋継続中でした。浅場にちょっと活性のある魚もいましたが魚はまとまってはいませんでした。引き続き1本竿の胴突き仕掛けで集中して釣るのがいいでしょう。朝一の1投目でアタリがでて1尾、2投目で2尾、今日はいいかな?それがやっぱり続かないのです。胴突きで出る当りが「コッ」と一瞬止める程度、その後は居食いなので竿先にアタリがでない。7割方はそんな食い方でした。

 7時過ぎに1本竿胴突き1本針仕掛けで開始して2連発したので、もう1本を天秤仕掛けで入れてみましたが置竿のコントロール(置竿というのは放置状態という意味ではない)アタリはでません。というか1本で手持ちでコントロールしていないとアタリを感知できないし、針掛かりにいたる食い方をしないというのが正しいでしょう。アタリ事体もちょっとした場所でいくつかということで余計にはないというのもありますが。というわけで1本竿胴突き1本針仕掛けに徹しました。

 今日も流しかえブッコミでは8割方釣れる感じでしたが、連発度がない、極たま~に2,3連発すればいいほうで、流し込んでやっとあたるそんな感じでした。前半は沖を中心にやって朝のうちはチョロチョロと上潮でトモ流しだったので1時間でツ抜けしました。しかし次第にペースダウンしていきつつ、ついに失速かな?前半でやっと20尾になったところで大きく移動しました。

 移動したのは際寄りの浅場で今後のポイントとなっていく実績のあるところです。1場所目はアタリなし。2場所目で浅場特有の走るようなアタリがありましたが掛けられず。このアタリ方なら天秤のほうが良いかなという感じもあり、天秤にかえての小さく場所をずらしての3流し目で釣れました。2連発込みで4尾釣れました。また、小さくずらして4流し目はアタリがでませんでした。場所は狭いということです。船中全体に釣れるようなアタリの数はないので、ここに固執せずまた別の場所を探索にいきました。

 数か所、場所と水深を変えてやりました。また、胴突き仕掛けにもどして、どこでも型だけはでるんですよ。イシモチ連発なところもありました。一瞬的に3連発などもあるのですが、要するに粘れるような決め手になる場所がないのです。

 終盤でまた沖に戻ってみましたが、超難易度が高い食いですがやはりポツリ程度は釣れるのです。終了10分前に40尾クリア、しばしして2連発、オーラスで1尾、トータル43尾で終了となりました。

 浅場でピンギスが2尾釣れました。現状としては激渋系は=食い方に活性をがないので潮が気に入らない+赤クラゲの影響(今日はそんなに邪魔ではなかったですが)なのかな?今後の上昇に期待しましょう。

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: