So-net無料ブログ作成
検索選択

290423/金沢八景・荒川屋/シロギス86尾(午前37尾/午後49尾)( [シロギス釣行記]

4月23日(日):金沢八景・荒川屋
中潮:干潮9:06→満潮14:55、潮色:薄濁り、水温15.8℃
天候:晴、風:北東5~2m~南7m
釣座:右トモ、乗船者:午前12人、午後17人
釣果:シロギス13~23cm、86尾(午前37尾/午後49尾)(2本竿)

 4月に入り束釣り2連続と順調だったのですが、この日の潮のなさにはお手上げだったかな?特に上潮時間帯には潮が微動だにせずみたいな湖状態で参りました。というわけで束釣りは途切れましたが、今日はこれだけ釣れば上等な潮でした。裏を返せば潮次第という釣れ方が終盤にありましたので、今後はアップダウンがありながら平均的に活性が上がって安定してくるでしょう。


「午前の部」

 中ノ瀬18m前後でスタートしました。場所的には前々回と同じような場所でわりとフラットな地を大きく流せる場所です。1投目の投入ですぐにアタリきて1尾釣れました。胴突き1本針の二本竿にしてポツリポツリぐらい、アタリは多くはなく下潮止まりの時間帯とすればまずまずで時速15尾ほどでした。潮っ気ないので広く流せず、しかも船数も多いため隙間を縫って場所をずらしながらでしたが、これといったかたまりに乗りませんでした。

 広範囲に投入して誘いを入れてからの止め待ちを繰り返して船下まで、とにかくこの一連を繰り返して、上潮での好転を期待しましょう。ところが全く上潮は効いてくる気配がなく凪の湖状態、停泊船のヤマからほとんど動いていかないのでした。気持ち程度に左前ズレ、1尾釣れた周囲に仕掛けは入っているはずですがなかなか2尾目につながらいのでした。周りの船も釣れてないです。というわけで、上潮はこないまま時速10尾凸凹を拾っていく2時間でした。11時に37尾で終了となりました。

 水温も上がってきたので元気な魚もいるんですよ。そういう元気なのは天秤仕掛けにアタリをだして掛かり気味で釣れます。しかし、今日の午前中は渋いアタリや居食いも多く落ちギス対応で釣らないとトータルのアタリの数がだせません。潮次第では5月GWぐらいでも落ちギス対応が必要です。


「午後の部」

 午前と同じ周辺で開始しました。1投目でやや長めに探っていると1尾釣れました。何故か1投目は釣れることが多いけど、そこから続かないのです。上潮が少しは流れだしていて好調になっているとよかったんだけど、午前の終盤より悪いぐらいでヤバイかなって感じでした。時速10尾程度で2時間経過して、潮時上の上潮止まりになっしまいました。

 ところが、終盤の1時間弱に好転していったのです。下潮がまったりですが潮時より早めにちょっと動いたようで、アタリの数が増えピンポイントで4,5尾連発するような所もでてきました。風向きは北東ののままなので潮先になったこともありますが、遠投からじっくり気味に誘うとどこかしらでアタリがでるような食いになってきました。潮に敏感すぎるというのが今日の印象です。この食いで1日やれれば150、160ぐらい見込める。こうなればひたすら手返しで積み上げて行けます。

 終盤1時間で30尾近く追加して49尾、最後は南風がやや強めに吹いてきて船がまわったらアタリが減ってしまいまいたが16時で終了となりました。終盤は天秤でもいけそうな食いでした。
 

釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: