So-net無料ブログ作成
検索選択

290305/金沢八景・荒川屋/シロギス56尾(午前32尾/午後24尾)(2本竿) [シロギス釣行記]

3月5日(日):金沢八景・荒川屋
小潮:満潮8:46→干潮16:06、潮色:薄濁り、水温10.8℃
天候:晴、風:北東~南東2~3m
釣座:右トモ、乗船者:午前6人、午後9人
釣果:シロギス15~23cm、56尾(32/24)(2本竿)


 最近の状況からするとかなり渋い状況が普通になっているようです。半日のうちの30分でも、欲を言えば1日でトータル1時間ぐらいでも渋いなりに好調な時間帯にでくわせば、そこそこの釣果はまとめられそうです。前日は午後に良い状況があったようなので午後に期待していました。ところが、結果は前午32尾/午後24の56尾でした。午前のほうがアタリは多かったです。まぁ、毎日同じではなくてあたり前せすね。

 今日の展開的にはこれといったかたまり(アタリが集中するような場所)にも乗らず、ほぼ大渋~激渋~空白地帯のまだらって感じで拾い釣りに終始しました。ハイライトは午前の終盤27尾から一気の3連発で30尾クリアしたとこの3分程度って感じかな?(笑)

しばらくは
胴突き仕掛けが圧倒的に有利な「渋落ちギスモード」
でしょうね。


「午前の部」

 中ノ瀬中央部周辺でやりました。水深18mほどでした。今日は渋そうなので針はナノヤマメ6号でやりました。初めは天秤ショートハリスで様子見をしてポツリ~ポツリ~と間が空きながら、掛けきれないアタリや巻きバレもありつつ型ぐらいでした。釣れないことはないですが胴突き向きの食いです。胴突きでゼロテンションで止めているときに違和感なく針まで吸い込むような魚にあたらないと、高確率で針掛かりしないってことです。

 胴突き1本針の2本竿にして、動かしすぎ誘いすぎにならないように2本竿を交互に聞く間を十分に取りながらがやりました。朝のうちは潮どまりでしたが時速10尾ってところでした。中盤から下潮がチョロリぐらい来ましたがペースは変わらずの拾い釣りでした。とにかく底潮がないようでパックンチョは断続的に釣れていました。パックンチョは弱いけどプルプルフワフワなアタリ、シロギス微妙なモタレ、「コッ」ぐらいな弱いアタリ、「ククッ、グッ」ぐらいな以外にはっきりしたアタリが1/3ずつぐらいかな?派手なイシモチのアタリもけっこうありました。

 船は左トモを潮先に風任せ気味にまったりなトモ流しでした。あまり遠投せずにじっくり待ちながら探る釣りでしたね。船下で釣れた時は速攻で船下に入れると、どうかするとまたアタリがあるかぐらいなので、単発を積み上げて2時間で20尾になったかな?

 終盤1時間が潮が一番良かったように感じましたが、なぜかパックンチョのアタリも増えてしまったのでした。10:45で27尾から、船下で一瞬的に3連発がきて30尾到達、これは潮もまあなんとかなってるしスイッチオンになるのかと思わせました。ところがその後はアタリも途切れてしまい、11:00前にやっとアタリでて単発を2回で終了となりました。見事なまでに時速10尾ペースな3時間でした。(笑)


「午後の部」

 午前と同じ場所から開始しました。1投目の着底地点でアタリがでて幸先よいスタートでしたが、続きは遠くあきらかに午前より渋いのでした。胴突き1本針の2本竿で広範囲にさぐって出会いがしら敵に食い気のある魚の付近にエサが落ちるかどうか。午後は大人の事情があって、船下はほぼ粘らず釣りました。午前より風が弱くなり、北東~東~南東~北東とふらついて少々やりにくい午後でした。

 場所は下手に少しづつ筋をずらしながら流していきいましたが、どこも型はでるけどこれといって回り直すような筋はない。というよりもどこでも魚はいるけど口を使わないという感じでした。パックチョ、イシモチのアタリのなかに時たまシロギスのアタリが出るといった感じで、時速8尾ペースで3時間、24尾でした。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0