So-net無料ブログ作成

290108/葛西橋・荒川屋釣船店/シロギス131尾(2本竿) [シロギス釣行記]

1月8日(日):葛西橋・荒川屋釣船店
若潮:満潮12:43→干潮19:56、潮色:薄濁り、水温:12.0℃
天候:曇り、風:北6~8m
釣座:右トモ(乗船者:4人)
釣果:シロギス13~24cm、131尾(2本竿)

 上潮時間帯~潮止まりでの釣り、予想どおり潮っ気がなく魚の濃い場所が非常に狭かったため、後半で見つけた良い場所に乗ったら2本竿を駆使して超速攻連発で貯金して釣果をまとめました。


 7:30に木更津沖で前日の最後に良かったという場所から開始しました。前日は3番手まで束釣りでしたから、基本的に良い食いを想定していて、2本竿、天秤仕掛け(振分け25/60cm)であわよくば2束の大台を狙っていたかな?(笑)前日情報では全体的に午後の下潮が好調のようでしたから、さてどうなるか?

 まずは釣れるはずの想定で船下主体に誘いましたがアタリないので、遠投&広角に探っていきました。アタリは少なくパックンチョ混じりでポツリ、ポツリの拾い釣りでした。北風6~8mでボチャボチャしているので2本竿でラインテンションが甘いと、微妙なサワリは感知できず、その後の派手目なアタリがでてしまうとバレにつながりやすいので本来はあまり投げたくないけど、魚を探しに行かないと釣れない状況でした。上潮は全然流れなので北風で押されつつでトモ流し(最後まで)になっていました。3回流して1時間で12尾だけ。

 筋をちょっとずつかえながら流しても時速15~20尾とどかないぐらいで推移していました。私の感覚では魚の食い自体はそれほど悪くはないですが(まだ十分にプレ落ちの範囲の食い)、前日を見ている船長からすればアタリの出方が控えめでバレも目立っていたということです。群れが薄めのようで型も17,8cm主体に20cm混じりでした。底潮がないので胴突き仕掛けも試しましたが特に効果はなく、かえって天秤で定点を小突くかシャエイクして止め気味のほうエサの動きだしに反応してアタリが増えるようでした。3.5時間で65尾、この食いで潮止まりにむかうとペースダウンするでしょうから束釣りギリギリかなって程度でした。

 ただし、後半へ折り返してからちょっと光明がさしました。流しながら狭いけどここかなという場所が一か所だけみつかりました。そこは仕掛けを入れたらあまり誘わなくても2本竿交互にアタリが早めにでる。明らかに食い気がそれまでの場所より良くて、型も20cm以上主体に23,24cmも混じってきました。ここは群れが濃いので食い気のスイッチが変わっているのでしょう。船上プチ作戦会議、「ここを通過するように流し返しましょう。」ってことになりました。仕掛けもショートハリス(振分け20/40cm)に変更して誘いを効かせやすくして、ほんとに良いとこの芯は30m四方ぐらいと想定して船下でアタリ感度を上げて速攻、超速攻で釣ってしまいましょう。

 するとこれがズバリ的中しました。その30m四方に乗っかると船下速攻で面白いようにアタリがでて10連発ぐらいありました。芯を外れたら投げて探して合わせて30分で20尾ぐらいとれました。船下は10、20cmの感覚でゆっくり上下させる中でサワリを感知して、1テンポ間を置いて聞きにいけばヒットというパターンでした。たまにダブルもありました。流し返してグングンとペースが回復して結果的に12時10分に束到達、13時30分までに+31尾で13:30に131尾で終了となりました。雨は13時過ぎからパラパラ程度に降ってきたのでほぼ濡れずに助かりました。 

 水温はかなり下がってきたけどまだプレ落ちモードなので、落ちギスモードになる前に大台を狙いたいなぁ。(爆)可能性はなくはない。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0