So-net無料ブログ作成

290103/金沢八景・荒川屋/シロギス40尾(1本竿)初釣り撃沈 [シロギス釣行記]

1月3日(火):金沢八景・荒川屋
中潮:満潮8:26→干潮14:06、潮色:薄濁り、水温13.4℃
天候:晴、風:北~北東7~2m
釣座:右トモ、乗船者:7人
釣果:シロギス11~23cm、40尾(1本竿)

 初釣りは毎年のことながら定宿からスタートです。今年は衝撃的に?撃沈スタートとなりました。(笑)

 バブル初期の平成12年から28年までの初釣り17回で束釣りしなかったのはほんの4回だけ【①15年:小柴沖でシケで早上がり、②16年:小柴沖で水温急低下&激澄みの食い渋り、③18年:水温急低下でウワダナ深場(45~50m)、④24年:シケで風避け場所】、それぞれ数が釣れない状況なので致し方なでした。

 特に近年は普通にやれれば束釣りは楽勝の爆釣、大爆釣、それが正にバブルを象徴していたということです。しかしながら、今年はシケでもなく潮の急変とも思えず、根本的にはやっぱり魚の絶対数が減ってきているので裏街道を行ってしまった日ということですね。

「実釣」

 8:30に中ノ瀬で開始しました。年末30日にシケの中でよい食いがあった南東周辺が2日にはすでに怪しく、3日はやや北上した周辺でした。1本竿天秤仕掛け、振り分けスタンダード(25/60cm)から始めて、1投目で船下をやや長めに待っているとアタリがでて初物をゲットしました。右ミヨシNさんはブッコミヒット、左トモHさん(2本竿)は交互に2尾ゲットとくれば、船長も釣り人もこれはと期待しますよ。ところがところが、続きがなかなかきません、間が空いてポツリ、また間が空いてという展開でした。潮が効きだせば食うと期待してこの周辺を細かく筋を変えて流しますが、相変わらずな釣れ方でした。たまに、2,3連発したここからと思わせては途切れます。

 根本的に底潮はないようで朝からパックチョとトラギスは釣れます。そうこうしているうちに風押しもありますが表面の潮もトロトロと左トモ流しに動いてきました。しかし、潮先でも好転しないのでした。船下待ちだけではアタリはなかなかもらえないので、投げて探しにいきながら場所ズラシしての止め待ちを何度か作って最後は船下までじっくりねばってポツリだけです。アタリがでるまで1本竿だと待ちきれずにじれてしまいます。そのぐらいに普段の待ちの想定より、もっと待つようなペースをつかみにくい状況でした。かといって、2本竿で間を作っていても余計にはアタリがでていません。

 朝のうち10時すぎまでやや風がありました。ショート(20/40cm)、胴突き1本張り(ステイト15cm、ハリス40cm)と変えながらやってみました。結果的にこれというのがないということですが、しいて言えば完全に止めた状態でアタリををとれる胴突きがやや有利だったかもしれません。

 最初の場所からやや北上した場所でも型だけは出しますが余計なことはありません。それでまた戻るとやはり型程度で好転しまてきません。大きく南中央周辺に南下した場所では船中1尾かな?午前船も日中船が朝やっていた周辺でやっていて対した模様ではなかったので、11:30に中ノ瀬に見切りをつけて小柴沖へリターンとなりました。

 小柴沖の大きく2か所でやりました。こちらはさらにアタリの間が遠いのでした。集中して探りながらの止め待ちを長めに長めに長めに意識して、どうにか拾う程度の展開に終始しました。待ちといっても私的には正直待ちきれないので、そこは天秤ショートハリスの誘いパターンでなんとか攻略しようともがきましたが今日は結果につながりませんでした。というわけで14:40に40尾で初釣りを終えました。

 4隅に戦闘能力の高い人がいたのですがあえなく撃沈でした。左トモHさん(2本竿)50尾、以下は1本竿で左ミヨシMさん46尾、右トモ私40尾、右ミヨシNさん36尾でした。皆さん、釣果の6,7割が中ノ瀬、3,4割が小柴というところでしょう。これといった「攻めの釣り」の決め手がなくてこの数だと、やや左の潮でもあったしブッコミヒットとか流してて投入フォール直撃とかがちょっと多いと釣果に響きます。

 新年初釣りから景気の良くない状況でしたがこれも現実です。この反対でどこをやっても1日上手く立ち回れる日もあるわけですから、その日にドーンと5倍返しかな?(爆)


「シロギス全体の見通し」

 どうも中ノ瀬の南部方面は安定して続かないです。それに対してもっと上手方面(正確な場所は見えないので知りませが悪しからず)は順調~好調に安定感があるようです。現在一番安定感があるのは東京方面の船が攻めている木更津沖だと思います。出船地区で場所を攻め分けてる感じになっています。今期の魚影だと同じ場所に集中しないのがある意味で得策かもしれまえん。それと、往年の落ちギスポイントやもっと深い推進まで探索をかけたほうがよいのかもしれません。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

鱚太郎

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

神の手を持ってしてもどうにもならない状況もあるのですね!根本的に魚がいなければ仕方がないですね。
方々の船の釣果も流した場所の違いで桁が違ったり、攻めてみたい場所を想定して船宿探すのも面白そうです(常宿がないので尚更)。

今年もよろしくお願いいたします。
by 鱚太郎 (2017-01-06 08:29) 

Shirogisu540

鱚太郎さん

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この日は数がまとまるような所に全然はまりませんでした。ただ、どこでも最初は型がでるので活性がいい魚だけがかろうじて釣れてて、多くの魚はいるんだけど口をつかうような活性じゃない可能性はあります。

あまり動きまくっても、潮時で食い出すのをはずすこともあったり、行くとこ行くとこでハズレて暴走丸になんてこともあるので。

逆に良いとこにバッチリはまって他船より圧倒的に釣らせていただいたことのほうが多いですから、ダメな日があっても不思議ではないですね。

今期は中ノ瀬全体的にとはいかないようです。今は釣り場で明暗がクッキリな感じですね。
by Shirogisu540 (2017-01-06 20:51) 

コウさん

おめでとうございます。
シロギスは、厳しい幕開けのようですね~。カワハギは、やっと、本格的な釣況になってきたようですので、しばらくは、カワハギをやってみます。
フグは、ちょい、気まぐれでやってみました。(笑)
by コウさん (2017-01-07 19:03) 

Shirogisu540

コウさん

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

シロギスは不安定な場所(中ノ瀬南部周辺)と安定している場所(中ノ瀬北東部周辺と木更津航路周辺)があって、船宿ことに攻め分け(住み分け的)てる状態です。不安定なほうで良くなる期待で行きましたが駄目でした。(笑)

カワハギは全体的に良くなっているように見てました。今日、スミイカに行ってまして竹岡上手で尺ハギ(ジャスト30cm)が1枚掛かりました。
by Shirogisu540 (2017-01-07 21:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0