So-net無料ブログ作成

スミイカ13杯 [スミイカ釣行記]

10月26日(月):八幡橋・鴨下丸(濱生丸、望月船長)
大潮:干潮9:53→満潮15:59、潮色:薄濁り
天候:曇りのち晴れ、風:北8m~南(2m)
釣座:左トモ2番(乗船者12人)
釣果:スミイカ150~450g、13杯

 今期の初シャクリに行ってきました。昨年は近年の中では今一なシーズンでしたが、今年は好調の部類のスタートだと思います。今日はテンヤのみで頑張ります。

 前日の北風暴風の残りがあり海上はボチャボチャ気味の中でスタートとなりました。北風の下潮でトモ流しなので朝はチャンスタイムのはずなのですが、時化あとで以下の活性が相当に低いようで潮があるのに両トモも後寄りもイカの気配をあまり感じません。そのうちに胴の間で型がでて、シャクリを見ているとかなりソフトに聞くような小さいシャクリにしか乗ってこないようでした。そんなイメージやっていると船下付近から今期初のズドンがきて、意外に大きそうだなと巻いているとなんとバレました。

 場所をかえての流しでソフトにしゃくっていると型を見て、まもなく2杯目もきました。潮は緩くなりつつもまだあるので、船中では型程度ですがこのパターンで朝のうちにちょいと稼ぎたいところでしたが。流しかえて遠投1投目の着底でモニョ感あり、テンヤを落ち着かせてラインテンションをかけて、いただき的にシャクッてドンときました。ところが半分ぐらい巻いてきたらバレちゃいました。あとから考えればこれも意外にイカがデカイようでした。そして、次もバレ、連チャンでした。5打数2安打のスタートは記憶にないなぁ。集中して引き締めてやらないとボロボロになりそう。(笑)

 場所をかえながらも乗りは依然として上向かないまま、潮も早めになくなってきたので遠投で探ってきて船下もそれなりにでひたすら繰り返しましょう。すると、遠くで「クン」ときて次のシャクリでドンときて、ドンからグイーン、そうです恒例?のシャークです。意外に横走りしないので格闘的に巻き上げてくると、なんと尻尾寄りに掛かってましたよ1.5m級が。水面で3回のされてラインブレークのテンヤロスト。なんか流れが悪いぞ。

 潮止まりから11時ぐらいにやや上潮っ気になったところで、潮先の左舷ミヨシで2連発だったかな?潮変わりとこの辺から風も穏やかになって烏賊の活性も少し上向きになったようでした。前寄りでポチポチと型をみて、その続きで1杯ずつ取れるようになりました。次第に風は東となり、左舷ヨコタ(前寄り)へ動くようになり緩い潮での大流し、潮先から引っ張ってこれるようになって2連発があり7杯目をゲットしました。なんとか今日の烏賊の状態ならこれぐらいかなという釣りになってきて、13時過ぎに10杯に到達しました。

 その後、さらに風が南東~南に変わりトモが潮先になりました。このチャンスに2連発があって12杯になりました。このあとしばらく沈黙して13杯となった時点で、トップは左ミヨシの14杯でした。上潮になってから「定番のあのスッテ」にかなり乗っていましたね。左トモでも型がでていましたが結局私は追加できずに、今期初シャクリは13杯の2番手で終了となりました。序盤の3バレからはバレなしなので、まあ修正できたって感じかな。トップは左ミヨシが流しかえの度に追加して16杯までいきました。

 烏賊はすでに大きいのは400g前後がけっこう目立ちます。私は最大450gで400前後が4杯でした。小さいのは150g前後が2杯でした。


釣りブログ村のブログランキングにも参加しています。下記バナーのクリックにご協力ください。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0